玉袋筋太郎、今後はお笑いよりもスナック経営!?「実業家を目指したい!」


11月4日にWOWOWライブで放送される『UFC IS BACK!究極格闘技が帰ってくる』(9:00~※無料放送)の収録が11月1日、都内のスタジオで行われ、浅草キッドの玉袋筋太郎、松尾諭、宇野薫が収録に臨んだ。

世界の格闘技ファンを魅了する『UFC-究極格闘技-』。WOWOWでは2002~2016年まで14年間にわたって放送されてきたが、今回2年半ぶりにレギュラー放送が復活する。11月4日にWOWOWライブで『生中継!UFC‐究極格闘技‐UFC230 in ニューヨーク ヘビー級タイトルマッチ!2階級制覇ダニエル・ コーミエが登場!』(11:00~)で独占生中継するほか、特別番組『UFC IS BACK!究極格闘技が帰ってくる』が放送。玉袋筋太郎、髙坂剛、宇野薫、松尾諭といったUFCに精通する豪華ゲスト陣が登場し、UFCの過去の大会から独自の視点で名シーンを選び、UFCの魅力に迫っていく。

収録を終えた玉袋は「本当に満喫しましたよ。このスタジオに帰ってきて、これからは楽しい時間をお茶の間とスタジオで楽しめますね。最高ですよ」とWOWOWでのUFC復活を喜び、松尾も「僕もUFCを見るのがすごく好きで、玉袋さんや宇野さんの声が聞けて気持ちよかったです」と満足げ。UFCの魅力について玉袋は「色んな格闘技がありますけど、丸いところよりも八角の方がいいんですよ。オクタゴンの方が面白いというところはありますね」と語り、宇野は「UFCのビックマッチが見られるのはそれだけ格闘技界にとってもいいいことです。格闘技を目指す子が1人でも増えたらいいなと思います」と後に続く新世代の誕生を願った。

2018年も残り2カ月を切ったが、松尾は「2人目が生まれたんですが、ほとんど関西に単身赴任だったので『何だかな~』という年でした。お陰様で今年は忙しかったので、再来年ぐらいブレイクしようかなと思っています」と2018年を回顧。対する玉袋は「一般社団法人全日本スナック連盟の活動が前進しています。実際にスナックも4店舗目がオープンしました。これからも拡げて実業家の道を目指したいと思います」と笑いを誘っていた。

あなたにおすすめ