【新車】プジョーの最上級サルーン・新型508が日本上陸。「NEW 508 FIRST EDITION」のオンライン予約がスタート

clicccar

2018/11/2 12:03


ここ数年のプジョーは3008や5008の導入により、SUVラインナップの強化が図られていました。一方で、基幹モデルである新型セダンの導入を待っていた方も多いはず。

写真からもスタイリッシュでスポーティなたたずまいであるのが伝わってくる新型プジョー508がいよいよ日本に導入されます。

2018年11月1日から受付が開始されているのが、フラッグシップサルーンである新型プジョー508のローンチエディションのオンライン予約。日本導入に先立ち、導入記念限定車として設定された「NEW 508 FIRST EDITION」は60台限定で、しかもウェブサイト限定でのオーダーになります。

「NEW 508 FIRST EDITION」は、2.0Lクリーンディーゼルを搭載する最上級グレードのGTにフルオプションを追加し、専用の深紅のナッパレザーシートと19インチアロイホイールを装着。

2.0Lの直列4気筒ディーゼルターボは、 130kW/3,750rpm(177ps) 、400Nm/2,000rpmというスペックで、8ATとの組み合わせ。

ボディサイズは、全長4750×全幅1847×全高1404mm(欧州仕様値)。ボディカラーはフレンチトリコロールを彷彿とさせる赤系、白系、青系の三色が設定されています。

安全装備は、第2世代アクティブセーフティブレーキ(PSA初)が注目で、現行アクティブセーフティブレーキのカメラクオリティを向上させ、二輪車および夜間での検知精度がアップされているそう。

ほかにも、アダプティブクルーズコントロール(ストップ&ゴー付)、車線中央維持のレーンポジショニングキープアシスト(プジョー初)やレーンキープアシスト(プジョー初)、トラフィックサインインフォメーション(プジョー初)、ナイトビジョン(プジョー初)など、プジョー初搭載の装備が満載されています。

機能装備では、フルLEDヘッドライト、自動光度調整機能付で、天候に左右されず被視認性を確保するアダプティブリヤライト、ハンズフリー電動テールゲート、FOCALプレミアムHiFiシステム10スピーカーなどを用意。

「NEW 508 FIRST EDITION」の価格は5,770,000円。同モデルを購入すると、FOCAL製ワイヤレスヘッドフォンLISTEN WIRELESSがプレゼントされます。

なお、同導入限定車には、SW(ステーションワゴン)の設定はなく、カタログモデルの新型プジョー508/508SWの導入に関しては、後日発表、発売とアナウンスされています。

(塚田勝弘)

【関連リンク】

NEW 508 FIRST EDITION公式サイト
https://web.peugeot.co.jp/new508-booking/

あなたにおすすめ