大好きな相手だからこそ…デートのとき緊張しすぎてやらかした体験談

fumumu

2018/11/2 11:00


大好きな人と二人きりで会うときには、緊張して頭が真っ白になってしまうのも無理はありません。そんな緊張から、ときには失敗してしまうこともあるでしょう。

■半数以上が緊張して失敗


fumumu編集部では全国20~60代の男女1,363名を対象に、緊張しすぎて失敗したことがあるかどうかの調査を実施しました。

緊張しすぎて失敗グラフ

「失敗したことがある」と答えた人は、全体で51.6%と半数を超える高い割合でした。

fumumu取材班は女性達に、彼氏とのデートで緊張して失敗した経験について聞きました。

(1)初デートの緊張で…


「今の彼氏と初めてのデートのときに、あまりに緊張しすぎて会話さえできませんでした。彼ががんばって話しかけてくれるのに、『うん』とか一言で済ませるばかりで…。

家に帰って『もうダメだ…』と落ち込み、一人で泣いていました。すると彼から、『今日は緊張してたから、ちゃんと話ができなくてごめんね』ってLINEがきて…。

彼も同じように、失敗したと落ち込んでいたみたい。今はすっかり打ち解けあっているので、懐かしい思い出ですね」(20代・女性)

(2)バレバレのサプライズ


「私の誕生日が近い日に、彼氏の家に呼ばれました。家に入るとすぐに、本人は隠しているつもりの花束が見えました。私は見ていないふりをしていましたが、彼がおどおどしてきて…。

サプライズなんて初めてだったみたいで、明らかに緊張しているのがわかります。私もこのまま騙されたふりをできるかどうかと思うと、緊張してきて…。

お互いにおどおどしているので、彼が『もうサプライズじゃなくなってるね』と言って花束を持ってきて…。

一言で緊張がほぐれ、どの時点でバレていたかなどの話で盛り上がりましたね」(20代・女性)

(3)ファーストキスのときに


「初めて付き合ったのが今の彼氏で、ファーストキスの相手です。そんな雰囲気になったときに、初めてなのと大好きな彼ということもあり、緊張が極限まで達してしまいました。

なぜか涙があふれてきてしまい、彼を混乱させてしまうことになってしまったんです。『まだ嫌なの? ごめんね』って言われて、そんなんじゃないのに…。

緊張のあまり泣いたって伝えると、彼は『かわいい』って言ってくれました。私にも初々しい頃があったんだなと、今でもときどき思い出します」(20代・女性)

長く付き合うほどに、緊張するような初々しさがなくなってしまうのは悲しいところです。

・合わせて読みたい→彼氏の本音は…何気ない彼女の行動にイラっとした3つの瞬間

(文/fumumu編集部・ニャック)

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo」
調査期間:2018年8月31日~2018年9月3日
対象:全国20代~60代の男女1,363名(有効回答数)

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ