池田エライザ、おしりで窒息死の事故物件にあ然「親はどういう気持ちなのか」

テレビドガッチ

2018/11/2 10:20

池田エライザとオダギリジョーが1日、都内で開催されたドラマ『ルームロンダリング』(MBS、11月4日スタート、毎週日曜24:50~/TBS、11月6日スタート、毎週火曜25:28~)の第1話先行上映会&スペシャルトークショーに出席した。

同ドラマは今年7月7日に公開され、数々の映画祭に出品された同名映画の続編。メインキャストの池田、オダギリ、渋川清彦、伊藤健太郎はドラマ版でも続投し、ドラマ版のゲストキャストとして矢本悠馬、生駒里奈、宇野祥平が出演する。

いわくつきの物件に住むことで事故の履歴を帳消しするアルバイトをしている八雲御子(池田)が、部屋に居座る幽霊たちのお悩み相談に振り回されながら、自身も少しずつ成長していくハートウォーミングドラマ。

池田は、映画がドラマ化されることについて「映画に引き続いて1話をお披露目できるのは、皆さまのおかげです」と喜び、オダギリも「なかなかないことで、僕も初めて。この作品が強く愛されてるからだと思うので、すごく誇らしいしうれしい」と感謝の言葉を述べた。

1話を見た感想を聞かれると、池田は「深夜ドラマなのに、映画のままのクオリティでやれちゃうものなんだなと思って。映像も深くてきれいで、出てらっしゃる方もかっこよくて、ホッとしました」とニッコリ。また、ドラマ版での特に印象に残ってるシーンについては、「今年の1月ぶりに縛られました。今年2回目でした(笑)」と体を張ったシーンを挙げ、「3、4話だと、最後のシーンは温かくて面白くて、映画っぽさと深夜ドラマっぽさが融合していて好きです」と紹介した。

物件がテーマとあり「部屋を契約するときに重視する点は?」という質問も。池田は「内見した時の気持ち良さ。あとは楽器使うので防音かどうか、水回りがキレイかどうかですかね」と回答。一方、オダギリは「僕は“ビュー”ですね」とキッパリ。「昔からビューはすごく気にしてきますね。でも、休みだからといってカーテンはあけないんですけど」と明かして笑いを誘い、「ビューがよければ、事故は起きない。心にダークのものは生まれないと思います」と断言していた。

また、ロンダリングしたいものについても言及。ロンダリングしたいことはないという池田に対して、オダギリは「断捨離したい」といい、「俳優って台本の処理に困るんです。捨てられなくてどんどんたまってくるんで、それは捨てたいですね」と打ち明けていた。

また、事故物件をテーマにした作品にちなんで、事故物件公示サイト「大島てる」代表の大島てるも登場。大島はこのサイトを開設した理由を「ドラマでは、安いならお得に住みたいという方が登場しますが、実際には高い家賃で、事件事故の事実を知らされないまま住んでる方が大勢いますので、それを防ぎたくて」と明かし、「矢面に立たされるのは不動産だけど、実際はオーナーから真実を伝えられていないことも多いんですよ」と現状を明かした。

なお、東京に事故物件は6139件あるそうで、オダギリは「怖い世の中ですよね。これ見て、東京ってすごいんだなと思いました」としみじみ。また、珍しい事故物件の事例として、おしりで窒息死させた事例が明かされると、オダギリは「複雑な気持ちになりましたね」と明かし、池田も「これを聞いた親はどういう気持ちなのか……」と驚いていた。

あなたにおすすめ