草なぎ剛がパリで初対面の老夫婦と“デート”する珍行動!

アサジョ

2018/11/2 10:15


 香取慎吾が、フランス・ルーブル美術館の敷地内で開いた個展「NAKAMA des ARTS」が1カ月の期間を終え、無事に終了した。現地には、同じく元SMAP稲垣吾郎草なぎ剛も訪れ、芸術家・香取が起こした奇跡に感激している。

2人は、香取より2日ほど遅れて現地入り。着いたその日、草なぎは珍行動に出ている。

「パリには早朝の4時半ぐらいに到着して、そこからタクシーでホテルへ。香取と合流する約束は14時ごろだったので、中途半端に時間があいてしまったらしい。仮眠をとったものの8時ごろにお目覚め。そこで部屋のキーだけを持って、ホテルの近所を散歩したそうです。すると、50代とおぼしき日本人夫婦に声をかけられて、なんとそのまま付いていって、カフェでお茶したそうなんです」(芸能関係者)

旅行で訪仏していた夫婦は、大阪府出身。「慎吾さんの個展?」と声をかけてきたという。パリが大好きな夫婦は、30年ほど前から何度も訪問。カフェでは、そんな他愛もない会話をしたという。

「財布を持たずに出てきた草なぎにそのご夫婦は、カフェラテをごちそう。もともとSMAPのファンで、3人が『新しい地図』を立ち上げ、活動していることも知っていたとか。草なぎはそのご夫婦から、小さな癒しをもらったようです」(前出・芸能関係者)

草なぎは過去に、謎の行動を報じられたことがある。09年には、深夜に東京・六本木の檜町公園で、全裸で大絶叫。当局のお世話になっているが、その際も、「裸だったら何が悪い!」、「シンゴー、シンゴー」(香取のこと)と理解不能な叫びを繰り返していたという。また、SMAP解散後の17年5月には、フレンチブルドッグの愛犬・くるみちゃんを散歩させる姿が写真週刊誌「FRIDAY」に掲載されており、新宿のど真ん中で歩道に足を投げ出して、へたり込む奇行写真もあった。

珍行動が目立つ草なぎだが、今回のパリの“ナンパ”はかわいいものか。

(北村ともこ)

あなたにおすすめ