壁にも天井にもお皿にも! 動くうさまるにも会える『うさまるカフェ』がかわいすぎる

しらべぇ

2018/11/2 09:00


(©ニュースサイトしらべぇ)

ゆるくて可愛い、そしてシュール…見ているだけで癒されちゃう、LINEスタンプで大人気のキャラクター「うさまる」のカフェが、この冬も東京・大阪・名古屋で開催決定!

11月2日から始まる東京・原宿の店舗に、しらべぇ取材班は一足早くお邪魔してきたぞ。

■階段からかわいい!!


カフェは2階にあるため、階段を上がるのだが…すでにかわいい!

(©ニュースサイトしらべぇ)

カフェ店員衣装を着たうさまる、うさこ、そしてくまさんがお出迎え。

(©ニュースサイトしらべぇ)

入場待ちの間もほっこりしてしまう。

■どのメニューも「うさまる」たちがひょっこり


(©ニュースサイトしらべぇ)

今回のカフェメニューは、フード3品・デザート3品・ドリンク3品の計9品が用意されている。

記者がいただいたのは、「ほかほかチーズフォンデュセット」(税別1,690円)。

(©ニュースサイトしらべぇ)

うさまる号の下にとろとろチーズが隠れており、たっぷりつけても余っちゃうほど。

(©ニュースサイトしらべぇ)

別のフードやデザートをそれぞれ頼みつつ、分け合って食べてもいいかも。

他のメニューも、迷っちゃうくらい魅力的だ。ボリュームで選ぶなら「うさまるが熱々にする!!焼カレー」(税別1,490円)。

(©ニュースサイトしらべぇ)

燃えたぎるうさまるに、わくわくと待ってるうさこがキュートすぎ。

ちょっとヘルシーな「スモークサーモン・クリームチーズのドーナツサンドwithクラムチャウダー」(税別1,590円)は、紙袋の中にドーナツが入っている。

(©ニュースサイトしらべぇ)

…って、うさまる! つまみ食い!?

(©ニュースサイトしらべぇ)

■デザートもドリンクもうさまるまみれ


「雪味!冬のかき氷と温かぜんぜい」(税別1,390円)は、かき氷の下に抹茶ソースとアイスが隠れており、お好みで和三盆ソースをかけていただく一品だ。

(©ニュースサイトしらべぇ)

店員さんのおすすめは、少し冷ましたぜんざいをかけて「宇治抹茶みたい」にして食べる方法。確かに美味しそう…。

「こんがり焼きマシュマロのスモアパフェ」(税別1,390円)はグラノーラやスポンジ、チョコソース、ピーナッツクリームなどが層になっており、見た目にも楽しい。

(©ニュースサイトしらべぇ)

かなり甘め…とのことなので、ドリンクは必須かも。

今回のコラボメニューで一番可愛いのでは!? と記者がときめいたのは、この「スノードームショートケーキ」(税別1,590円)。

(©ニュースサイトしらべぇ)

うさまるサンタがトナカイさん呼んでる…かわいい…。

「じーんと温かい。ほっとベリーチョコレート」(税別990円)、「ぽかぽか。ほっとカフェらて」(税別790円)、「ほっころ。ほっとMATCHAらて」(税別890円)のドリンクたちも、それぞれイラストがミルクの泡の上にちょこん。

(©ニュースサイトしらべぇ)

崩れるのが嫌で、飲むのをためらってしまう。

■動くうさまるが…


しかし! 今回の「うさまるカフェ」の凄さはここから。なんと、お皿の上でうさまるが動くのだ!

(©ニュースサイトしらべぇ)

ソニーの最先端技術を駆使した「テーブルプロジェクションマッピング席」では、うさまるたちが自分のお皿に登場。つまみ食いしたり、雪を降らせたり…。

(©ニュースサイトしらべぇ)

これ、見てるだけで満足できちゃいそう。

かわいくてほっこりしてしまう「うさまるカフェ」。事前予約制になっており、すでに満席の日も出てきている。

特にプロジェクションマッピングの席は東京・大阪・名古屋すべての店舗・時間ですでに満席! 12月14日~25日までのクリスマス期間は11月15日17時から予約開始されるため、「動くうさまるを拝みたい!」と思う人は、忘れずに申し込みを。
【うさまるカフェ・東京】
開催期間:2018年11月2日~2019年1月14日
開催場所:HARAJUKU BOX CAFE&SPACE(東京都渋谷区神宮前4丁目28−28 ルチェッシモビル 2F)
営業時間:10:00~21:00 ※事前予約制
(ほかに、大阪・名古屋でも同時開催)
・合わせて読みたい→【ミッフィーとコラボ】うさぎシューで人気「ニコラシャールカフェ」に激萌え!

(取材・文/しらべぇ編集部・たつき あつこ

あなたにおすすめ