DA PUMP『Mステ』で最大のヒット曲披露「名刺代わりのような曲」


ダンス&ボーカルグループのDA PUMPが、2日に放送されるテレビ朝日系音楽番組『ミュージックステーション』(毎週金曜 20:00~)に出演し、自身最大のヒット曲「if...」(00年発売)を同番組で初披露する。

ISSAが「DA PUMPにとって名刺代わりのような曲で、なくてはならない曲」と話す同曲。現メンバー編成になり、「振付けも含めて、全体的にパワー感が増した」と自信をのぞかせた。

また、今年大ヒットした「U.S.A.」のYouTubeの再生回数が1億回を突破したが、「いろいろと仕事が増えた」といい、「まだまだこれからもやれることは頑張ります!」と意気込んだ。

今夜の放送では、バイオリニストの高嶋ちさ子が、6人の男性チェリストとともに、映画007主題歌「Live And Let Die(007 死ぬのは奴らだ)」を披露。高嶋の父・高嶋弘之氏は、「ビートルズの日本での仕掛け人」として知られる人物であり、奇しくも来日公演中のポール・マッカトニー作詞・作曲の同曲を高嶋が演奏する、という縁深いパフォーマンスになる。

高嶋は「以前、他番組に彼らと出演した際"イケメンチェリスト"と銘打っていたら、『どこがイケメンなんですか』って苦情が来たらしいんです(笑)。だから今回は"イケメン"とは書かないで、って頼んだんです(笑)」と笑顔を見せた。

その他にも、藍井エイル、NMB48Kis-My-Ft2、GENERATIONS、平井堅が出演。NMB48の山本彩は、卒業前最後の『ミュージックステーション』出演となる。

あなたにおすすめ