的確に人を傷つけることができるシンプルな言葉


米LifehackerのEvil Weekシリーズは、トラブルをやり過ごす方法をちょっと皮肉な形で紹介。こんなことだけはしたくないと思うか、やってみようと思うかはあなた次第です。

誰しも、記憶に残る人になりたいと願っています

印象的とまではいかなくても、少なくとも忘れられたくはないですよね。

ですから、過去に会ったことのある人に遭遇したとき、無邪気に「はじめまして!」や「私はクレアと言います」などと言うと、相手にかなりのダメージを与えることができます。

この狡猾なやり方は、米ドラマ『サーティー・ロック』でジェナ・マロニーが実践していた方法です。特に、自尊心の高い人にやると効果的ですよ。

初めて会ったかのように振る舞うことで、相手が特に面白い存在ではなく、かつ記憶に残らないほど普通の顔であることを伝えられるのです。

ただし、ターゲットの選定には注意が必要です。まず、配偶者や元配偶者など、長年の知り合いには使えません。

それと、たとえばパーティで知り合ったビッグネームなど、相手のほうが有名で、向こうがあなたを覚えていなければ何の意味もありません。

使えるのは、あなたが嫌いなちょっとした顔見知り。いわゆる、生理的に受け付けないタイプの相手です。

できるだけ無邪気に、相手の鼻をへし折ってやりましょう。

Image: rawpixel/Unsplash

Claire Lower - Lifehacker US[原文

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ