数々の“ディスせりふ”が強烈! 二階堂ふみ&GACKTらポスタービジュアル解禁

ザテレビジョン

2018/10/31 07:00

魔夜峰央原作のコミック「このマンガがすごい!comics 翔んで埼玉」が実写映画化され、2019年2月22日(金)に公開。W主演を務める二階堂ふみやGACKTらのポスタービジュアルが解禁された。

原作は2015年に約30年ぶりに単行本として復刊され、累計発行部数66万部を突破した話題作。ポスターに登場するキャラクターたちは、原作の世界観を再現したビジュアルになっている。

二階堂演じる壇ノ浦百美は、白馬の王子のような勇ましく凛々しい姿。彼女にとっては初の男性役となる。

対するGACKTはまさかの高校生役。今回演じる麻実麗は、かつての彼を彷彿(ほうふつ)とさせる紫で統一された貴族のような装いを見せている。

また、伊勢谷友介演じる映画オリジナルキャラクターの阿久津翔は東京都知事に仕えている執事だが、その正体は“千葉解放戦線のリーダー”という役どころで、どこか謎めいた雰囲気を醸し出す。

そして、原作では“伝説の埼玉県民”として語られつつも、その姿は謎に包まれた京本政樹演じる埼玉デュークは、白髪に白塗りメークの時代劇風のビジュアルに。

人物デザイン監修・衣装デザインを担当した柘植伊佐夫氏が魔夜峰央ワールドを再現したキャラクターは、武内英樹監督も絶賛する完成度の高さを見せている。

「埼玉県人にはそこら辺の草でも食わせておけ」「ダさいたま、クさいたま、田舎くさいたま」など、それぞれのキャラクターが発した“ディスせりふ”がコピーとして書かれているのもインパクト大。

今回解禁された4人以外のキャストのビジュアルにも期待がかかる。(ザテレビジョン)

https://news.walkerplus.com/article/167513/

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ