【コンシーラー】これ1本で美人に♡使い方のコツがあった!

beautyまとめ

2018/10/30 17:00

目の下クマやシミ、ニキビ跡などのカバーに欠かせないコンシーラー。

付ける順番や選び方がとっても大切。

また、コンシーラーを使ったメイクの裏ワザも合わせてご紹介していきます!

コンシーラーを付ける順番が大切!



コンシーラーを付ける正しい順番を見分けるために覚えておきたい簡単なポイント、それはテクスチャーの柔らかい物→固い物→粉状の物の順に付けていくということです。

例えば、コンシーラーが柔らかいクリームタイプでファンデがパウダーなら、コンシーラーが先です。こうすることでコンシーラーを付けた部分のファンデが密着して、カバー力もUPします。

反対に、コンシーラーは固めの物でファンデがリキッドならファンデの方が先になります。これにより、リキッドファンデのおかげでコンシーラーの肌なじみが良くなるからです。

セットで使うとさらにカバー力がUPするモノ!


コンシーラーを使う時に、一緒に使うことでさらにカバー力がUPするアイテムがあります。

それは『フェイスパウダー』や『ルースパウダー』などのいわゆる仕上げ用パウダーです。

コンシーラーやファンデをどの順番で付けた場合でも、カバーした部分の色ムラをぼかしてくれて、全体的に均一な肌に仕上がりますよ!

目元のクマタイプ別コンシーラーの選び方

青クマにはオレンジ系

consealer1
出典:@cosme

血行不良が原因の青くクマ。生活習慣の乱れから起こりやすくなります。青くまを隠すにはオレンジ系のコンシーラーがオススメです。クマの目立つところだけつけるのがポイントです。

茶クマにはイエロー系

consealer2
出典:@cosme

紫外線のダメージが大きな原因の茶クマはシミのようなものです。茶クマを隠すにはイエロー系のコンシーラ-がオススメです。クマになじませるように全体につけるのがポイントです。

黒クマにはベージュやオークル系

consealer3
出典:@cosme

皮膚のたるみが原因の黒クマ。目元のエイジングケアも必要です。黒クマを隠すにはベージュやオークル系がオススメです。クマ以外の所まで広げてつけすぎないようになじませてつけることがポイントです。

赤クマにはイエロー系orグリーン系

眼精疲労が原因の赤クマ。放置しておくと他の色のクマに変化するのでケアが必要です。

赤クマを隠すには軽い場合はイエロー系、ひどい場合はグリーン系がオススメです。クマの目立つところだけつけてなじませるのがポイントです。

コンシーラーを使った裏ワザ♡

assorted-blur-close-up-1115128

顔の透明感をアップさせるためにコンシーラーを使うあるパーツとは、きっと多くの人が黒ずみに困っているであろう「小鼻の付け根」です!

この裏技メイクが話題となったきっかけのツイートはコチラ▽▽▽


コンシーラーで小鼻の付け根の黒ずみを消すメイク法に加えて、顔のメリハリをアップさせるためのハイライト使いについても紹介されています♡

「絶対教えたくない」と言いながらもしっかりと分かりやすく紹介してくれたツイート主に感謝しかありませんね!

S__7864380

また、こちらのツイートへの返信欄には、「コンシーラーを使ったさらなる裏技メイク」と「コンシーラーのヨレ対策」についても紹介されています!▽▽▽




これらの裏技も、小鼻の付け根の黒ずみ消しと合わせてぜひ取り入れたいですよね!


この裏技をおすすめする人がいっぱい☆

Twitterには、この裏技を実際に取り入れている人達からの投稿がいっぱいです!▽▽▽







コンシーラーの裏技で透明感&口角美人に♡

76f0263ceea380501a4325962717e83c_s

たくさんの人がおすすめしているこのコンシーラーを使った裏技メイクは、手持ちのコンシーラーですぐにトライできます◎
小鼻の付け根と口角にプラスして、お肌の透明感&上向きの口角を手に入れちゃいましょう♡

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ