【衝撃】「名探偵コナン」の安室透さんが運転する車に乗せてもらったらほぼ地震だった / 4D版『ゼロの執行人』感想



全国8億5000万人の安室透ファンのみなさん、もうご覧になっただろうか。意味不明なレベルのヒットを記録した映画『名探偵コナン ゼロの執行人』の4D版が、期間限定で絶賛上映中である。4D版というのはつまり、映像に合わせてシートが動きまくるということだ。

以前の記事で私(あひるねこ)は、安室さんの車の助手席に「ちょっと乗ってみたい」と軽い気持ちで書いたことがある。ということは、むむっ? この4D版を利用すれば……安室さんのRX-7に実際に乗れてしまうではないか! こうしちゃいられねぇ……映画館へ急ぐぞ風見!!

・「MX4D」にて執行
もちろんすでに執行済みのため、『ゼロの執行人』がどんなストーリーかは大体分かっているつもりだ。そこで今回は、4D版のアトラクション要素にセンサー全フリでバシッと臨みたい。

現在、4D映画には「MX4D」「4DX」の2種類がある。違いは各自で調べてもらうとして、今回は会社近くの「MX4D」で鑑賞することにした。本当は「4DX」がよかったんだけど……。にしても、平日の昼間なのに劇場は安室の女で溢れている。さすがトリプルフェイス。

・目にクる
ご存知の通り、映画はドローンが飛び立つシーンから始まる……のだが、何コレめっちゃ風来るやん! たしかにドローンが近くを飛んでいるような臨場感はある。あるけど、同時にコンタクトが尋常ではない勢いで乾きまくるぞ。気を付けろ、コナン4D版はドライアイ者に容赦がない。

風にはこの後もちょいちょい苦しめられることになる。特にコナン君がスケボーに乗るシーンね。乗っている間は風がずーーっとこちらに吹いてくるため、「ちょっとお前それ一旦降りろ」という気持ちになったのは私だけではあるまい。

さらに風に関して言うと、「シューーーー」のタイプならまだいいんですよ。ただし、突然「シュッ!」のタイプ。てめえはダメだ。爆弾のシーンとか、いきなり「シュッ!」と来るとビクッとなるがな。コンタクトが乾くとか関係なく、ただただ普通にびっくりするので注意が必要である。

・シート動きまくり
なんだか風の話ばかりで申し訳ないが、序盤のビル爆発シーンから迫力満点だったことはハッキリ記しておきたい。シートがもうガッタンゴットン動く動く! おっと、いま安室さんがチラッと映りましたよ。前に見た時は軽いケガで済んでいましたが、さすがにこれは死んだだろ。

──と思ったらしっかり生きていた。あんなにシートが揺れたのに、やはりトリプルフェイスは伊達じゃない。ただ、上映している間ずっと動いているというわけではないぞ。「4DX」版は分からないが、「MX4D」だと普通の会話シーンは静止したままのことがけっこう多いのだ。

ところが、安室さんクラスともなると話が変わってくる。なんせ、ホウキを持ってポアロから出てきただけで座席がちょっと動くからな。ただの掃除をも4D化するとは、さすが安室さん。いま日本でもっとも女性にモテる男はやることが違う。

・動きすぎるあまり……
コナンと安室さんが道路を爆走するシーンは、4D的にも中盤の見せ場の一つだろう。シートが派手に動きすぎて、何回座り直してもお尻がずり下がってしまうんだが、あれ私だけか? あと4D関係ないけど、安室さんがフロントガラスを素手で叩き割るシーン何回見ても笑う。ゴリラかよ。

・ここからが本番
そして本日のメインイベント! 安室さんとの楽しい楽しいドライブシーンがいよいよ始まりました。公道なのにドリフトをキメまくる安室さん、いいよいいよ! 激しいよコレ!! 背中にドルルルと伝わるエンジンの振動もリアルである。

・致命的な欠点
が、さっきから思ってたけど、シートが遠慮なくグワングワン動くのに掴まるとこねーよ! ひじ掛けは隣が女の子だから触りにくいし、これどういう姿勢で座るのが正しいんだ……ていうかこのガキ! 一人だけシートベルト掴んでんじゃねーーーーッ!! メガネかち割んぞ工藤コラァァァァァアアア!!!

そうこうしている間にも、180キロ&片輪走行で対向する電車とすれ違おうとするエクストリーム公安紳士・安室さん。「しっかり掴まるんだ」とかなんとか言ってますが、だから掴まるとこがねーんだって! 何回言わせる……って、お、おい止め……うわァァァーーーガタガタガタガタガタガタ!

・4Dならではの緊張感
さあこれが最後の最後……。本当のクライマックスだ! アクセルをふかしてマッハダッシュに備える瞬間は、さながらジェットコースターに乗っている気分。映画というより完全にアトラクションである。お願いだ、お願いだからシートベルトをくれ。

・ヤバイ
ドッカンドッカン! ズッカンズッカン! バッカァァァァァァン!! って文字にすると間抜けだけど、実際マジでそんな感じなのだから致し方なし。あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛、上に登ってる感じがするぅぅぅうううぅぅぅううう。

そんで! コナンがシュートして! 安室さんが抱えて! 二人して落ちて! 拳銃でガラス撃って! 割って!! 突っ込んで!!! 血が出て!!!! ズッキャァァァアアアンガクガクガクガクガクガクゥゥゥゥ……はいドン! 終わり!! 解散ッ!!!

・分かったこと
結論としては、安室さんの助手席に乗ってみたら小規模な地震だった。繰り返す、安室さんの助手席はほぼ地震。聞くところによると「4DX」はさらにヤバイらしいのだが、観客の首から上吹っ飛ばす気かよ。機会があればぜひ体験してみたいものである。いや、実に楽しかった。

参考リンク:名探偵コナン ゼロの執行人
Report:あひるねこ
Photo:RocketNews24.

画像をもっと見る
Related Stories

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ