「世界で最も稼ぐテレビ男優」 1位はまた『ビッグバン★セオリー』の…

クランクイン!

2018/10/28 18:00

 米経済誌Forbesが毎年恒例の「世界で最も稼ぐテレビ男優」2018年版を発表。2019年に放送予定のシーズン12で終了することが決まった『ビッグバン★セオリー ギークなボクらの恋愛法則』でシェルドンを演じるジム・パーソンズが、推定2650万ドル(約29億8400万円)で4年連続1位になった。

【写真】「世界で最も稼ぐテレビ男優」2位~10位の俳優たち<フォトギャラリー>

同ランキングは2017年6月1日から2018年6月1日までが対象期間となり、エージェントやマネージャー、弁護士の費用や税金を差し引く前の金額となるという。

上位4人が『ビッグバン★セオリー』の男優となったが、1位のジムはドラマの出演料のほか、広告出演やスピンオフドラマ『Young Sheldon(原題)』の製作総指揮を務めて得た収入などが加算されたという。

150万ドルの差で2位に就いたのは、推定収入2500万ドル(約28億1300万円)でレナード役のジョニー・ガレッキ。続いてハワード役のサイモン・ヘルバーグとラージ役のクナル・ネイヤーが、同額の2350万ドル(約26億4400万円)で3位となった。

今回、トップ10入りしたのはドラマ4作の出演者だ。5位は『NCIS ネイビー犯罪捜査班』の主演と製作総指揮を兼ねるマーク・ハーモン。6位から9位は『モダン・ファミリー』の男優陣となった。また、今秋に放送が始まった『ウォーキング・デッド』シーズン9の6エピソードで降板するというアンドリュー・リンカーンは、10位にランクインして有終の美を飾ったと言えるだろう。

米Forbes誌発表「2018年世界で最も稼ぐテレビ男優」トップ10は以下の通り。
1位 ジム・パーソンズ 2650万ドル(約29億8400万円)
2位 ジョニー・ガレッキ 2500万ドル(約28億1300万円)
3位 サイモン・ヘルバーク 2350万ドル(約26億4400万円)
3位 クナル・ネイヤー 2350万ドル(約26億4400万円)
5位 マーク・ハーモン 1900万ドル(約21億3900万円)
6位 エド・オニール 1400万ドル(約15億7600万円)
7位 エリック・ストーンストリート 1350万ドル(約15億1900万円)
8位 ジェシー・タイラー・ファーガソン 1300万ドル(約14億6300万円)
9位 タイ・バーレル 1200万ドル(約13億5100万円)
10位 アンドリュー・リンカーン 1100万ドル(約12億3800万円)

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ