無印良品、絶対買うべき商品リスト5…安い&美味い&手間いらずで“神”!


 シンプルながら高品質な商品展開で、老若男女問わず多くの人から愛されている無印良品。2018年2月期の営業収益は、前期比13.9%増となる3795億円を記録しており、15期連続で増収という驚きの絶好調ぶりを見せている。

無印良品を運営する株式会社良品計画が設立されたのは1989年のこと。大手スーパーマーケットチェーン・西友のプライベートブランドを前身としており、ブランド性を持たせないことで価格を抑えたい、という意味を込めて「無印良品」という名がつけられた。その低価格で高品質な商品展開によってバブル崩壊後も順調に売上を伸ばし続け、今では2018年2月期の時点で国内外合わせて928店舗を有する、世界的な企業にまで成長しているのである。

そして、多彩な商品展開をする無印良品のなかでも、特に品質と製法へのこだわりが顕著に表れているのが、食品だ。

しかし、その評判はかねがね聞いてはいるが、膨大な商品のなかからどれを選べばいいのかわからない、と思っている方も多いのではないだろうか。そこで今回、編集部では、700点以上販売されている食品メニューをリサーチ。無印良品の絶対に買うべき食品を独断で選ばせてもらった。

●「素材を生かしたカレー バターチキン 180g(1人前)」/350円(税込、以下同)

無印良品のレトルトカレーは、どれも本格的な味わいだと高い評価を得ている。そのなかでも格別の人気を誇るのが、今回紹介する「バターチキンカレー」である。2017年には250万個を売り上げ、無印良品の食品以外も含む全商品のなかで売上ナンバーワンに輝いた、不動の大人気商品だ。

やはり特筆すべきは、その味だろう。ほのかに香る上品なバターの風味や、食欲を増進するようなトマトの酸味、そしてスパイスの香り高さを兼ね備えながらも、まろやかで甘みのある味わいにまとめられた絶品なのである。

なんでも本商品、本場インドのカレーを再現すべく、開発担当者がインドに赴き、300食以上ものカレーを食べて研究した末に生まれたのだという。本格的な味と手軽さ、そして低価格をすべて兼ね備えた、誰もが納得の良品といえる。

●「チキン味 ミニラーメン120g(4個)」/120円

「チキン味」「こがし醤油味」「トムヤムクン味」「キムチ味」という4種類がラインアップされている、無印良品の「ミニラーメン」。乾麺自体にスープの味付けがされているため、お湯を注ぐだけでラーメンになるという簡単で手間いらずな商品だ。

オススメポイントのひとつめは、ひとつ120gという絶妙なサイズ感。小腹を満たすおやつとしてはもちろん、自宅で晩酌をする際のおつまみとしてもちょうどいいため、ストックしてあれば重宝すること間違いなしだ。

また、このような麺自体に味の付いたタイプのインスタントラーメンは、そのままバリバリ食べるのが好きだという方も多いだろう。本商品はあまり味が濃すぎないため、そのままでも食べやすい、ということにも注目したい。

どの味もおいしいのだが、ここでは王道であるチキン味を推しておきたい。無印良品らしい優しい味わいで再現された伝統のチキン味は、“本家”以上のおいしさかもしれない。災害時には非常食としても活躍するので、戸棚に常備しておいて困ることはまずないだろう。

●「不揃い コーヒーバウム 1個」/150円

バウムクーヘンを食べきりサイズにカットした「不揃いバウム」シリーズは、素朴な味わいでファンの多い商品だ。検品の項目から、サイズや焼きムラなど、味に関係しない要素を排除することにより、1つあたり150円という低価格を実現したことも、その人気に拍車をかけている。

現在、「不揃いバウム」シリーズは13種類が発売されている。なかでも特にオススメしたいのが、「コーヒーバウム」だ。甘さは控えめになっており、コーヒーの香りと味をしっかりと感じることができる上品なおいしさが魅力的。甘いものはそこまで得意でない、という大人の男性でもおいしく食べられるだろう。

一度で食べきれ、おなかにもしっかり溜まるサイズ感も絶妙。仕事中、ちょっと小腹が空いたな、というときのためにストックしておいてはいかがだろうか。

●「ごはんにかける ルーロー飯 120g(1人前)」/350円

無印良品のレトルト食品は、カレー以外にも評価の高いものが多い。そのひとつが、ご飯にかけるだけで料理が1品完成するという「ごはんにかける」シリーズ。現在、全部で11種類がラインアップされているが、そのなかでも注目したいのが、八角や山椒の入った甘辛いタレで煮込んだ豚肉をご飯にかけた台湾の伝統料理「ルーロー飯」だ。

日本食にはない独特の味付けなのだが、あえて表現するなら、“中華テイストの入った豚の角煮丼”といったところだろうか。少なくとも白いご飯が大量に進む味付けなのは間違いない。シイタケやタケノコ、キクラゲなども一緒に入っているので、コッテリしすぎず、最後までおいしく食べられる一品となっている。

そのまま食べても当然おいしいのだが、写真のようにゆで卵や温泉卵をトッピングすると、甘辛いタレにマイルドさが加わり、よりおいしさが際立つようになる。あえて一手間かけるのもオススメだ。

●「あえるだけのパスタソース いかすみ 33g×2(2人前)」/250円

いかすみパスタというのは、なかなかに難しい料理である。そもそも一般家庭で気軽に作れるメニューではないうえ、服にソースが跳ねることを考えると、レストランで注文するのも躊躇してしまう。そんな課題を軽々とクリアしてみせるのが、この「あえるだけのパスタソース いかすみ」なのだ。

その名の通り、茹でたパスタにあえるだけで、いかすみパスタが完成してしまう本商品。レトルト食品唯一の調理工程である“温めること”すら必要ないため、もはや失敗のしようがないのだ。

そこまで簡単でありながら、いかすみパスタ独特の風味はしっかり再現されており、なおかつ生臭さがほとんどない。ここまで高いクオリティのいかすみパスタを、レトルトで再現した無印良品の企業努力、恐るべし。

今回紹介した5つの商品は、味のよさとリーズナブルな価格を両立した、コストパフォーマンスが非常にいい食品といえるだろう。手軽に本格的な味を楽しみたいときはもちろん、非常食として保存しておくのにも適した商品が多いため、ぜひ一度、お試しいただきたい。
(取材・文=山本愛理/A4studio)

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ