ネタにして一件落着!? 南キャン・山里亮太の嫌がらせの数々と、それを面白がる東野幸治

日刊サイゾー


 10月20日放送の『ゴッドタン』(テレビ東京系)は、同番組恒例「コンビ愛確かめ選手権」。番組が用意したアンケートにコンビの1人が事前に回答、その答えをもう1人が「アイツならこう答えるはず」と予想するという企画である。

今回登場したのは、南海キャンディーズ、ダイアン、コロコロチキチキペッパーズの3組。ダイアン、コロチキという現在勢いのある2組に並び、ピンでの活躍が目立つ南キャンが登場したのが驚きだ。山里亮太と山崎静代、両者が並び立つ姿は懐かしすぎて新鮮でさえある。

「正直、(2人で一緒に番組に出るのは)もう何年ぶりっていう感じになっちゃいます」(山里)

実は、南キャンこそ、この企画には適任なコンビだった。

「僕らって、コンビ仲悪いの象徴だったんですけども、ここ最近はコンビ仲良くなって。つい最近、一緒に飲みに行ったりするようになって」(山里)

番組は「一番仲が悪かった頃のエピソードと仲直りのきっかけは?」というアンケートクイズを用意。コンビ仲悪いの象徴→仲直りという道をたどった南キャンにとっては、うってつけの問題だ。

「(仲が悪かった頃のエピソードが)多いんですよね。メチャクチャあります。どれがしずちゃんの中で嫌だったのかっていうのが、自分でわからないんですよね。僕、毎回すごいの叩きつけてたんで」(山里)

コンビ仲が悪かった原因は、山里による、しずちゃんへのジェラシーである。大きな体と特異なキャラクターが目につき、先行して売れたしずちゃん。後塵を拝する山里は焦りを覚え、こじらせた。

「(しずちゃんに)『フラガール』が決まった時、僕、頭おかしくなりそうでしたもん。“じゃない方芸人”であり“アイドルオタク芸人”、あと“気持ち悪い”の3本柱でやってたんで、すごいつらかったです」(山里)

数あるエピソードの中、山里が挙げたのは「しずちゃんに収録で一言もしゃべらせないために、台本を前日に取り寄せてしずちゃんのセリフを全部消していた」であった。

「(しずちゃんが)すごい売れてたんで『これ以上売れると調子に乗る』と思って。あんまりバラエティできないんだぞって空気出すために、絶対しゃべらせないでおこうと思って。台本でどういう展開になってるか見て、しずちゃんにこういうふうに振るとか他の人がこうやって振るっていうところを、事前に全部自分でオチが作れるようにそれについてのエピソードを作って、自分で落として、次の人に振るっていうことをやってたんですね、ずっと」

しずちゃんへの振りをインターセプトし、自らの手柄にしてから他のタレントへパスする。相方への敵視は度を超えていた。

「あの時はしょうがない。今はこうやって仲良くなったから良かったけどねえ。今でこそ、笑い話ですけどねえ(笑)」(山里)

いや、とても笑い話にはならなそうな、ヘヴィなエピソードだ……。

■山里の行いを面白がる東野幸治


 山里がこの種の妨害(?)を行ったのは、相方に対してだけではない。

現在、“カジサック”の名でユーチューバーとして活動中のキングコング・梶原雄太。彼のYouTubeチャンネル「カジサックの部屋」10月13日配信分に山里はゲスト出演している。

山里と梶原は大阪NSC22期の同期生。NON STYLEやダイアン、ウーマンラッシュアワーの村本大輔、とろサーモンの久保田和靖らを輩出した豊作年だが、キングコングのスピード出世は破格だった。

当初は別々で活動していた梶原と西野亮廣。どちらのコンビも評価は高かったものの、山里は「相方に恵まれないから、そんなに行かねえだろ」とたかをくくっていたらしい。しかし、そんな2人がコンビを結成する。

「こいつらが組んだって聞いた時、“めんどくせえな”って思った」(山里)

そんなキングコングが、ついに初舞台を迎えた。この時、彼らは新ネタをおろしている。2人の中では満足の行くネタだったが、劇場内は大スベリ。この不可解な状況に「おかしいな」と首をひねるキングコング。これには理由があった。

「俺が劇場の近くで、女の子の字体にして『キングコングにイタズラされた』とか『2股かけられた』という紙をばらまいたね。めっちゃ効いたな」(山里)

怪文書を流し、山里はキングコングの足を引っ張っていたのだ。

「すごい軍師やね。見事、成功やもんね」(梶原)

シャレにならない策略の連続だが、しずちゃんも梶原も、笑い話として処理しているのがすごい。しずちゃんとの関係性に至っては「最近はコンビ仲が良くなった」とまで言い切る山里。すったもんだをネタとして昇華し、一件落着させるケースが芸人の世界では多いのだ。

しかし、過去の山里の行いを冷静に分析し、指摘する存在もいる。東野幸治である。

「(南キャンの仲が回復したのは)『自分が仕事増えたからやろ』って(東野が)言うんですよ(笑) 自分が仕事増えて、一人でいつでもいけるってわかってからやんか~って」(山里の発言/2018年3月30日「エキサイトレビュー」)

東野は「週刊新潮」に連載中のコラムで、山里によるキングコングへの妨害行為についても言及している。

「後に山里君は、その時のことをこう語っています。『俺が死ぬべきだ』って。『一切の非は自分にある』というスタンスで語っていたのですが、彼が絶対に死ぬつもりはないことや、このコメント自体、事前に用意周到に考えられたものであることは言うまでもありません。あくまで、山里君をよく知る私の意見ですが…」

とにもかくにも、すごい世界だ。一般社会では村八分必至のエピソードがキャラクターとして認知されているのだから。それどころか、山里の好感度は決して低くない。

(文=寺西ジャジューカ)

当記事は日刊サイゾーの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ