阿炎、遠藤、あとひとりは…推し力士発表! 相撲女子卒倒イベント潜入

ananweb

2018/10/25 19:00

秋巡業も終盤。巡業に行けなかったみなさんのために、九月場所前に取材したお相撲さんたちのイベントを、笑顔多めでアップしたいと思います。
写真・文 古屋美枝

五月場所のときに、「SNSで『#推し力士』のハッシュタグをつけてつぶやくと、抽選で推し力士との撮影会にご招待!」という相撲協会のイベントがあったので、私もいっぱいつぶやいたのですが、まったく当たらず……(笑)。

そこで、場所前に撮影会が実際に行われるとのことで、相撲ファンの方たちが自分の推し力士と写真を撮ってもらうところを見に、国技館へ行ったのです。

このたび、映えある推し力士ベスト3に選ばれたのは…

栃ノ心関!思えば今年初場所は栃ノ心の優勝から始まったのでした…。大関になり、さらに人気急上昇です。

遠藤関!不動の大人気力士。本場所中だと、勝っても笑顔を見せたりしませんが、相撲ファンの間では「その暗さもいい」と、何をやっても魅力にしかならない遠藤関。

最後は阿炎関!やんちゃ過ぎるインタビューでハートを撃ち抜かれた全国の女子多数。「全国の相撲ファンの弟」と勝手に呼ばせてもらいます!

すごい倍率だったであろう抽選に当たった、超ラッキーなファンのみなさまは6人。

なんとファンの方の希望のポーズで写真を撮ってもらえるんです!

定番のお姫さま抱っこ!

ハグ!!

なんだろ、これ。ニッコリポーズ。遠藤関がこんなことをしてくれるなんて、夢のようではないでしょうか??

しかも、このいい表情!本場所中は厳しい表情を崩さない遠藤関だけに、ありがたみが増します。

この「#推し力士」イベントは、今場所も行われていて、ツイッターかインスタグラムにハッシュタグ「#推し力士」をつけて投稿すると、抽選で初場所後に推し力士との撮影権利がもらえるそう。私もさっそくハッシュタグをつけました。みなさんもぜひ!

この後、阿炎関だけ残って、フレーム撮影。本場所開催時に、無料で撮影できるプリクラのようなものがあるのですが、九月場所から阿炎関と御嶽海関のフレームが加わることになったのです。

相撲協会の担当の方から、「阿炎関といえば突っ張り。突っ張りのポーズをしてください」と言われ、「えー、めちゃくちゃ恥ずかしいんですけど!」と照れながらも素直に突っ張りのポーズをする阿炎関。

何枚か撮影したところで、担当の方が「あ! 手首にヘアゴムがついてますね」と指摘。

「え、ダメですかぁ? ヘアゴムついてたら…」と拗ねる真似をする阿炎関。

気を取り直して、もう一度。

今度はばっちりです。「では次に、阿炎関がよくやっている、手をグーにして、親指を立てるポーズをお願いします」と担当の方が言うと「えー、僕、そんなポーズしてましたっけ?」と、また照れながらポーズをとる阿炎関。

ていうか、このポーズは…? と思いついた報道陣からDA PUMPさんのヒットソング「U.S.A.」を歌われると、「いや、もー、知ってるけども!!」と言って、ちゃんと振り付けをして踊ってくれるノリの良さはさすが!(笑)

次に「では最後に自撮り風にポーズをお願いします」。

カップルで一緒に撮ってる設定、みたいな感じですね。「もー、恥ずかしいー!!!(笑)」と言いながらもちゃんと言うことを聞いて、ポーズをとってくれ、撮影は終了しました。

そしてできたフレームがこちら! 採用されたのは、突っ張りポーズでした。隣りに私が写っていて申し訳ありません。

ほかにも、本場所で撮影できる力士フレームはたくさん!

ツイッターやインスタグラムで「日本相撲協会」をフォローしていれば、誰でも撮影できて、写真のデータと写真をプリントしたカードをもらえます。これは本当、おすすめ!!

そしてこの日は、「赤ちゃん抱っこのイベント」もありました。お相撲のチケットには、4人座れる枡席に「赤ちゃん抱っこチケット付き」というのがあるんです。いつ抱っこしてくれるんだろう? と思っていたら、こういう場所前のイベントでまとめて抱っこしてくれるんですね。

参加したのは…

白鵬関

稀勢の里関

左上から時計回りに鶴竜関、髙安関、豪栄道関、栃ノ心関

左上から時計回りに勢関、御嶽海関、嘉風関、遠藤関

みんなやわらかい表情! お相撲さんたちのこんな顔を見られるだけで、来たかいがあります。そしてお相撲さんに抱っこされると、だいたいの赤ちゃんは泣くということがわかりました(笑)。でも、いい記念になりますよね。

この赤ちゃん抱っこチケット付きの枡席も、普通の桝席と同じように毎場所発売されているので、お子さんのいる方はチェックしてみてください!

■ Information

大相撲九州場所のチケットは、チケット大相撲などで絶賛発売中!注目の「赤ちゃん抱っこと撮影B4人桝席」も、今なら若干残っています。
古屋美枝 美容エディター。美容・牡蠣愛好家。牡蠣情報サイト「カキガール」http://kakigirl.jp/編集長。子どもの頃からお相撲好きで、一年中、お相撲を観るため各地へでかける。そのほか、趣味はサーフィン。

当記事はananwebの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ