金子大地 芝居の難しさと感じつつも『「おっさんずラブ」では(田中)圭さんの愛を感じました』

ザテレビジョン

2018/10/24 08:00

ことしの大ヒットドラマ「おっさんずラブ」(テレビ朝日系)に栗林歌麻呂として出演し、“麻呂”として認知度を高めた金子大地。2014年のオーディションで18歳の時に芸能界デビューを果たした彼は、中学・高校時代は全く芸能界入りを予想していない、バスケットボール一筋の少年だったという。

――デビューのきっかけは「アミューズオーディションフェス2014」でしたが、そのきっかけは?

高校生のときに友達がSNSでオーディション情報を見つけて、その場で応募したんですけど、当時は芸能界は夢の世界というイメージでした。なので、当時は純粋に東京に行ってみたい、北海道を出てみたいと思って応募したんです。合格したときはこれからどういうことをするんだろう? 楽しみだな、という気持ちでした。

――お芝居をしたのは、事務所に所属されてから?

そうですね。お芝居って繊細なので、「難しい!」と常々感じています。

――「おっさんずラブ」の現場には田中圭さん、吉田鋼太郎さんを始め、先輩がたくさんいましたが、それは金子さんにとってとてもプラスになったのでは?

はい。しかもここまで盛り上がると思っていなかったので、この現場を経験できて、本当に良かったと思っています。僕は、最年少で一番頑張らないといけない立場だったので、どんどん攻めていきました。麻呂の基本的なキャラクター性は第1話のときに作って、それが展開によって、変わっていったという感じがしました。麻呂はいろんなことに対してフラットに考えている人なので、どんな生意気な言い方をしてもイヤミに取られないキャラクターだったように思います。例えば、春田と牧が互いに好き合っていても「アリじゃないですか?」という感じで、そこにうそがない。だから、セリフを素で言うことを意識しました。そして、皆さんにいじっていただくことで、違った面がどんどん出ていったのかな?と思います。

――撮影現場での思い出は?

(吉田)鋼太郎さんは貫禄がすごいので圧倒されるのですが、黒沢部長(吉田)だけでなく、皆さんが麻呂に甘かったので、本当に優しくしていただけて。加えて、麻呂は(田中)圭さん演じる春田さんに一番生意気を言っていましたが、毎回セリフにアドリブを入れてアレンジしても全部拾ってくださるので、そこに圭さんの愛を感じました。それから、実はオンエアもみんなで集まって見ていたんです。鋼太郎さんはちょうど舞台があったので、あまりいらっしゃれなかったのですが、圭さんや(林)遣都君、眞島(秀和)さん、内田(理央)さん、スタッフさん、プロデューサーさんたちと毎回集まって、ゲラゲラ笑いながら見ていました。圭さんが「何でこんなことするんだよ、こいつは」とシーンごとに突っ込んだり、僕のシーンを見て、「面白い!」と言ってくださったこともありました。

――もし、続編があるとしたらいかがですか?

ぜひ演じたいです!  この作品は先が全く読めないので、もしあったとしても麻呂と蝶子(大塚寧々)さんがどうなるのか、本当に分かりません。だって、蝶子さんと麻呂があんな関係になるなんて、予想もしていませんでした(笑)。なので、続編をやるとなっても本当に分からないですね。

――現在は北川景子さん主演の野木亜紀子さんオリジナル脚本ドラマ「フェイクニュース」(NHK総合)に出演されています。ドラマの起点となる光石研さん演じる猿滑(さるすべり)の息子・里留(さとる)役ですが、演じてみていかがでしたか?

誰かの息子役というのが初めてだったのですが、光石研さんの息子役を演じることが出来てうれしかったです。光石さんはもともと好きな俳優さんだったので、緊張しました。でも、あれほどの方がとても腰が低くて、たくさん話しかけてくださったので本当にうれしかったです。またご一緒したいです。

――とはいえ、10月20日放送の前編では父親が世間を騒がせている“青虫混入事件”のツイートをした張本人であることが分かり、就職活動中の息子としては大変な状況に陥ります。

里留はSNSをよく見ているごく普通の大学生で、うその情報でも信じてしまう男なので、全然あり得る話だと思います。現代はネットの方が何でも書けるので、そっちの方が真実なんじゃないかって思ってしまいますよね。リツイートも深く考えずに軽い気持ちで出来るので、本当にどんどん拡散されてしまいます。まさに現代を映している社会派ドラマですが、ポップな描写もあるので、すごく面白いです。展開が早くて、謎解きみたいにいろんなことが明らかになっていくんです。ただ、里留の立場だと前編が終わっただけではまだモヤモヤしているので、後編もぜひ見てください!

――そして、11月23日(金)からは鉄拳原作、岡田将生さん主演の映画「家族のはなし」も公開されます。今作では岡田さん演じる拓也がギターを担当するバンドのボーカル役で出演されるんですよね。

歌わせていただきました(笑)。最初にボーカル役と聞いた時は正直、僕で良いのかと思いました(笑)。カラオケでもあまり歌わない方なので。ギターとボーカルの練習期間が3日間だけだったので、正直「無理!」と思ってしまったのですが、とにかく練習しまくりました。今回挑戦してみて、ギターはもっと弾けたらかっこいいだろうなと思いました。

――今作はリンゴ農園を営む息子がミュージシャンを夢見て上京し、そこで挫折しつつも里帰りして、家族の尊さを痛感する青春ドラマ。バンド仲間の柴田を演じる金子さんとして心掛けたことは?

都会でもがいている仲間なので、ボーカルとして、仲間を盛り上げることを意識しました。バンドで集まって練習できたのも3日間だけのですが、バンドらしくなることができたので、本当に良かったです。実は僕、鉄拳さんの家族の話や、あの絵が好きなので、出演が決まったときは本当にうれしかったです。しかもクランクアップのときに似顔絵を描いていただけたんです。すごいうれしくて、今も飾っています!  物語全体に鉄拳さんの絵の温かさが出ているので、ぜひ見てください!

――今は役者として奮闘中の真っただ中だと思いますが、今後演じてみたい役などはありますか?

動物が大好きで、動物園の飼育員になるのが夢だったんです。なので、動物に接する役ができたらうれしいです!(ザテレビジョン)

https://news.walkerplus.com/article/165820/

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ