山口まゆ、黒木瞳から愛のビンタ『駐在刑事』で万引き騒動勃発!?

テレビドガッチ

2018/10/24 05:00

寺島進が主演する金曜8時のドラマ『駐在刑事』(テレビ東京系、毎週金曜20:00~)の第2話が、10月26日に放送。今回は、山口まゆ演じる奥多摩署の新署長・緒方綾乃(黒木瞳)の娘・ひかりが、万引きをする騒動を起こす。

寺島が演じる主人公・江波敦史は、元警視庁捜査一課の敏腕刑事だったが、取り調べ中の女性が服毒自殺したことが原因で、奥多摩に左遷されて5年。今は奥多摩の人々に“駐在さん”として親しまれている男。時には組織や上司と激しくぶつかり合いながら、ただ犯人を捕まえる為だけではなく、目の前にいる人々に寄り添い、駐在として、刑事として汗を流し奔走するヒューマンサスペンスドラマ。

現在18歳の山口は、2014年に放送された『昼顔~平日午後3時の恋人たち~』(フジテレビ系列)でドラマデビューをはたし、『コウノドリ』(TBS系)で中学2年生の妊婦役を見事に演じて話題に。また映画『相棒-劇場版Ⅳ-』では、物語のカギを握るヒロインを演じた注目の若手俳優だ。

今作で演じるひかりは、過去の経験から大人を信じられずにいる、という役どころ。公式ホームページの予告編には、黒木演じる母・綾乃が、ひかりを平手打ちしているシーンが公開されており、今回の万引き騒動で、綾乃とひかりの母娘関係の変化にも注目したい。

<第2話あらすじ>
万引きの通報を受け、江波(寺島)は水根ストアに駆け付ける。菓子を盗んだ少女は緒方ひかり(山口)と名乗る。なんと奥多摩署の新署長・綾乃(黒木)の娘だった! そんな折、奥多摩で誘拐事件が発生! 何者かが小学5年生の少年が乗った車を奪い、身代金1千万円を要求する電話をかけてきた。父親は半導体技術で特許を取った技術者だが……。さらに、ひかりが「コンビニで男の子が車に押し込まれるのを見た」と江波に話す。警察は緊急配備を敷き、ひかりが目撃した車を探すが……。

二転三転する誘拐事件。江波は電話ボックスに残された脅迫文と共に何かに気付く。

当記事はテレビドガッチの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ