『ゆるキャラ事情2018』破壊力と狂気すら感じる個性的派7選




2008年、「ゆるキャラ」という言葉が新語・流行語大賞にノミネートされるなど、爆発的なゆるキャラブームが起きました。みなさんのなかでも、記憶に残っている人は多いのではないでしょうか?

しかし、10年の月日が経ち、テレビをはじめ、メディアに頻繁に露出していた「くまモン」や「せんとくん」、「さのまる」などのゆるキャラは以前ほど見かけなくなってしまいました。

実は今もゆるキャラがアツい!


しかし、現在もゆるキャラと呼ばれる新しいキャラクターたちは続々と誕生しています。

そこで今回は「ゆるキャラ事情2018」と称して、今注目を集めているゆるキャラをご紹介いたします!

①ちぃたん☆



現在「ふなっしーの再来」と言われ、最も注目を集めているゆるキャラと言えばコツメカワウソの妖精「ちぃたん☆」です。トランポリンや竹馬、超高速ルームランナーなどにチャレンジしては失敗し、泥まみれになったりジェットバスに入ったりと着ぐるみとは思えないほど破天荒な動画をTwitterに投稿。多数のリツイートやいいねを集めています。

特に今年3月に投稿された倒れない棒と格闘する動画は再生回数は1600万回を突破。YouTubeのチャンネル登録者数も着々と増やし、ふなっしーどころかHIKAKINさんにも迫る勢いで活躍しているのです。

②メロン熊



「メロン熊」は北海道夕張市の北海道物産センター夕張店のマスコットキャラクターです。夕張名物のおいしいメロンを食い荒らして変貌したフルーツアニマルという設定で、その風貌がまったくゆるくないと話題になっています。表情はあまりにも凶悪で、行く先々で子どもたちを涙目にさせてしまっているのだとか。

しかも刺激をすると鋭い牙で噛み付くのが恒例になっていて、同じゆるキャラの「せんとくん」や「あさっぴー」も被害に遭っています。

③うなりくん



千葉県成田市の観光キャラクター「うなりくん」。「ゆるキャラグランプリ2017」でご当地部門のグランプリに輝いた注目株です。成田市の名産であるうなぎと飛行機を組み合わせたような可愛らしいフォルムになっています。グランプリに輝いたこともあって人気はまさにうなぎのぼり。

成田空港でもグッズが展開され、頻繁にイベントにも出没しています。そのため、旅行で来た外国人からも人気があるようです。

④桃色ウサヒ



山形県朝日町の非公式キャラクター「桃色ウサヒ」。特に見た目は個性がないピンクのウサギです。唯一の特徴は、町の住民にアイデアを出してもらい、それを実行するという「育成型のご当地キャラクター」という珍しいスタイル。住民が気軽にアイデアを言えるよう、あえて無個性なビジュアルが採用されたそうです。現在はリニューアルされていますが登場当時は3万円の市販品でした。

この狙いは見事に当たり、住民からのアイデアがどんどん集まりました。そして、徐々に地元のテレビや新聞にまで取り上げられるように。

今では「桃色ウサヒを通じて朝日町を知りふるさと納税で寄付をした」、「実際に桃色ウサヒに会いたくて足を運んだ」というファンもいるそうです。

⑤ユキマサくん



一部のネコ好きの間で話題となっている、知る人ぞ知るゆるキャラ「ユキマサくん」。日本行政書士会連合会の公式キャラクターで、2017年のゆるキャラグランプリでは企業部門で第7位と健闘しました。着ぐるみとしての活動は行政書士に関係するイベントがメイン。しかし登場すれば道行く人に「かわいい~」と声をかけられるなど、行政書士という仕事を広めるのに一役買っているそうです。

日本行政書士連合会のホームページには「解決ユキマサくん!」という、自動車登録の仕方や遺産相続の方法など街の人の困りごとを解決するマンガ仕立てのサイトも作られています。

⑥ずーしーほっきー



北海道北斗市のゆるキャラ「ずーしーほっきー」はほっき貝の寿司からイメージされたゆるキャラ。寿司ネタ部分から生えた細くて白い手足と焦点の合っていない目が特徴的。2013年に誕生した時から「キモい」「怖い」「狂気を感じる」などと言われ続けています。

デザインをしたのは北海道のはこだて未来大学の学生。5つの案の中からずーしーほっきーを選んだのは北斗市の小中学生だそうです。地元ではとても愛されていて、北斗市のPRのためにずーしーほっきー主演のミニドラマを作ってしまうほどなのです。

⑦にゃんごすたー



青森県黒石市出身のゆるキャラ「にゃんごすたー」。短い手足の着ぐるみのままドラムスティックを持ってハードなドラムの生演奏をすることで話題となりました。2015年YouTubeに「Nyango Star にゃんごすたー」チャンネルを開設。X JAPANの『紅』を完璧に演奏し、テレビ出演や音楽イベントへのオファーが急増したのです。

最近では「アンパンマンのマーチ」を演奏するにゃんごすたーの動画がアメリカの有名ドラマーであるマイク・ポートノイさんからリツイートされ、海外のアーティストからの注目を集めました。

以前よりも個性が強くなっている傾向


近年注目されるゆるキャラはいずれも個性が強く、SNS等で情報発信をしています。そういったキャラが増えてきているため、注目してみると非常に面白いのです。みなさんもお気に入りのゆるキャラを探してみてはいかがでしょう。

WRITERMr. Fox

  • 執筆、撮影、編集家。日本生まれ、生年不詳、トレードマークはキツネの顔。世界各国を回りながら、メディアに関わる仕事をしてます。人のアイデアを転がします! コンコン。https://twitter.com/im_mr_fox/

あなたにおすすめ