島崎遥香がホステス役で出演!生で見る米倉涼子に大興奮「芸能人てこういう人のこと」<リーガルV>

ザテレビジョン

2018/10/23 05:00

米倉涼子主演のドラマ「リーガルV~元弁護士・小鳥遊翔子~」(毎週木曜夜9:00-9:54、テレビ朝日系)の第4話(11月1日放送)に、“ぱるる”こと島崎遥香がゲスト出演する。

島崎は莫大な遺産相続をめぐって遺族から訴えられる“一夜妻”の銀座ホステス・峰島玲奈を演じる。初共演となった米倉を生で見た島崎が「ハッ! 芸能人ってこういう人のことを言うんだ!」と、すっかり圧倒されたという撮影現場の様子が届いた。

「リーガルV―」はある理由で資格を剥奪されたスキャンダラスな元弁護士・小鳥遊翔子(米倉)が、ワケあり弱小弁護士集団をこき使いながら、どんなに不利な訴訟でも“勝利=Victory”を手にするため突き進む姿を描く。

■ キャバクラや銀座のクラブでホステスの所作を勉強

11月1日(木)放送の第4話は、200億円もの遺産がある峰島興業会長・峰島恭介(竜雷太)の病死後、1人息子の正太郎(袴田吉彦)の前に、突然、会長の“妻”と名乗る峰島玲奈(島崎)が現れる。昼間は看護師、夜は銀座の高級クラブでホステスをしているという玲奈は、会長が亡くなる前日に婚姻届を提出しており、法律上100億円の遺産を相続する権利があると主張! 正太郎に訴えられた玲奈が、友達で現役ホスト兼パラリーガルの明(三浦翔平)を通し、翔子(米倉)率いる「京極法律事務所」に弁護を依頼する…というストーリー。

この役を演じるにあたり、島崎はキャバクラと銀座のクラブを訪れて所作などを勉強、さらに「一番難しかった」という茨城なまりも鼻歌で音程を覚えながら習得するなど、全力投球で挑んだ。「映画やテレビで見ていて、ちょっと憧れがあった」という法廷にも立ち、いきいきと芝居を展開。

■ 24歳のぱるる「子どもっぽく見える自分に勝ちたい」

島崎は主演の米倉と撮影現場で会話をしたが「もうドキドキしちゃって、何を話したか覚えてません(笑)」と夢見心地の様子。「撮影初日にすぐ親にも電話して『なんか…すごかった!』って報告した」と興奮気味に語り、初めて生で見る米倉にすっかり圧倒されたそう。「私、あんまり“ハッ!”ってならないんですけど、“ハッ!芸能人ってこういう人のことを言うんだ”って! もう顔が(両手でこぶし大の円を作りながら)こんなに小さくて、脚もすっごく細くて、胸がすごくあって!!」と初共演を興奮気味に喜んだ。

「ただ今回、あんまり色気が出せなかった気がして…。メイクもちょっと大人っぽくしてみたんですけど、会長もゾッコンになるような魔性の女っぽく見えているのかなぁって、不安です(苦笑)」と本音を漏らした。今、どんなことで“勝利=Victory”を手にしたいかと聞かれると「子どもっぽく見える自分に勝って、大人っぽく見られたい! 今24歳なんですけど、未成年に見られることもあるので」と、高みを目指した。

今週10月25日(木)の放送は第3話。ヤメ検弁護士・大鷹(勝村政信)が妻殺しの容疑を否認し、世間から“女の敵”と袋だたきにされている浅野(桐山漣)の弁護を担当。翔子率いる「京極法律事務所」は、その調査に協力する。しかし浅野の供述はでたらめばかりで、態度も記憶もいい加減であり、翔子らを困らせる。(ザテレビジョン)

https://news.walkerplus.com/article/166669/

あなたにおすすめ