「痴漢する側の発想」「別れるとき刺されそう」発言が問題視された芸能人たち


 バラエティ番組で、日々活躍しているタレントたち。しかし、そこで話されるエピソードが視聴者をドン引きさせた芸能人は、今や数え切れないほど。10月10日に放送された『1億人の大質問!? 笑ってコラえて!』(日本テレビ系)では、MCの所ジョージの発言がネットで問題視された。

「番組に出演していた吉岡里帆が、以前に痴漢被害に遭った際、『次の駅で降りてください』と痴漢の腕を掴み、『ずっと放さなかった』と告白しました。これに所は『(痴漢加害者は)手掴んでもらってる間、うれしかったと思うよ』と発言。この言葉に視聴者はドン引きし、『ありえない、非常識すぎる』『痴漢する側の発想』『女性の気持ち考えて』という批判が噴出しました」(同)

10月15日に放送された『長嶋一茂と怒れる女たち』(フジテレビ系)には、元フジテレビアナウンサーの中村仁美が登場し、夫でさまぁ~ず・大竹一樹のエピソードを告白。ネット上では「大竹はDV予備軍」との声が上がることとなった。

「大竹は、妻は鬼嫁で自分は言いなりだとバラエティで話していますが、中村いわく『家では真逆』だといい、夫婦喧嘩の際には『このブタが!』『調子乗ってんじゃねぇ』『常識無いんだよ、小娘が!』などの暴言を吐くと明かしました。さらに、子どもたちにも中村の悪口を吹き込むそうで、それにより子どもの口が悪くなってしまったとのこと。大竹が中村の尻に敷かれているイメージを持っていた視聴者は、この暴露にドン引き。『教育上よくない。明らかに家庭内パワハラ』などとの声が上がっていました」(芸能ライター)

また、7月に『行列のできる法律相談所』(日本テレビ系)で公開プロポーズを受け、10月14日に入籍を報告したモデルの高橋ユウも、ある言動で視聴者をドン引きさせている。

「同14日に放送された同番組では入籍後、夫婦として初共演を果たしました。高橋は番組内で、お相手のK-1選手の卜部弘嵩を好きすぎて『ほぼ毎日号泣している』と告白。さらに姉の高橋メアリージュンから、『卜部選手が最優先なため、ランチに行く約束をしていてもドタキャンされる』と暴露され、ユウはタジタジに。放送後、ネット上では『気持ち、わからなくもない。可愛い奥さんだなあ』『好きで好きでたまらないんだね。気持ちわかる』と共感のコメントが上がる一方、『思いが重すぎる』『自分に自信が持てないの?』『別れるときに刺されそう』といったドン引きの声も聞かれました」(同)

これら発言はキャラづくりの一環とも考えられるが、芸能人は影響力も大きいだけに、セクハラやパワハラにあたる発言だけは口にしないようお願いしたいものだ。
(立花はるか)

あなたにおすすめ