初代プリキュアが可愛い“ベビープリキュア”姿に! 『映画HUGっと!プリキュア』場面写真を解禁

SPICE

2018/10/22 06:00


10月27日(土)公開の『映画HUGっと!プリキュア△ふたりはプリキュア オールスターズメモリーズ』(※△はハートマーク/以下同じ)から、初代プリキュア=キュアブラックとユアホワイトの姿をとらえた場面写真が解禁された。

『HUGっと!プリキュア』は『プリキュア』TVシリーズ通算15作目となる作品。「なんでもできる!なんでもなれる!輝く未来を抱きしめて!!」をキャッチコピーに、「女の子だってヒーローになれる」「女の子の未来は、無限大!」といった多様性を認めることの大切さを伝えている。その劇場版である『映画HUGっと!プリキュア△ふたりはプリキュア オールスターズメモリー』では、TVアニメ最新作『HUGっと!プリキュア』と初代『ふたりはプリキュア』の新旧プリキュアが力を合わせて戦う。
(C)2018 映画HUGっと!プリキュア製作委員会
(C)2018 映画HUGっと!プリキュア製作委員会

同作では、最強の敵・ミデンの力によって、プリキュアたちが想い出や過去の記憶、技までも失い、小さな姿に変えられて大ピンチに陥るという。解禁されたのは、キュアブラックとユアホワイトが小さくなった、可愛い“ベビープリキュア”の姿だ。
(C)2018 映画HUGっと!プリキュア製作委員会
(C)2018 映画HUGっと!プリキュア製作委員会
(C)2018 映画HUGっと!プリキュア製作委員会
(C)2018 映画HUGっと!プリキュア製作委員会

場面写真では、どこか寂しげなミデンのアジトでベビープリキュアになってしまい、手をつないできょとんとしたり、泣きじゃくるふたりの姿が明らかに。想い出を奪われたふたりは、ケンカを通じて深めた絆や、ミップルとメップルのことも忘れてしまうのか?

キュアブラック/美墨なぎさ役の本名陽子と、キュアホワイト/雪城ほのか役のゆかなからのコメントが以下のとおり。

本名陽子(キュアブラック/美墨なぎさ役)


15周年記念映画への出演が決まったと聞いたとき、「ぶっちゃけ、ありえな~い!」という喜びと驚きでいっぱいでした。

見所のひとつでもあるベビープリキュアは可愛すぎて、思わずみんなを抱きしめたくなりました。ただ、記憶を奪われてしまった状態なので、小さくなったキュアブラックを演じる上では、不安な気持ちをできるだけストレートに表現するよう心がけました。

何といっても今回のすごいところは、史上最多の55人のプリキュアたちと、オールスターズで集い合えちゃったこと!応援してくださる皆様に感謝の思いでいっぱいです。他にも見所満載で、15周年記念作品ならではの内容になっていますので、幅広い世代の方々にぜひご覧いただきたいです。みんなで踊る圧巻のエンディングダンスもお楽しみくださいね!

ゆかな(キュアホワイト/雪城ほのか役)


15周年ありがとうございます。ただ懸命に目の前の困難に立ち向かう、それだけの気持ちで進んできました。あの時はまさかこんな日が来るなんて想像もしていませんでした。応援してくださった皆様には感謝の気持ちでいっぱいです。

はじめは『ふたり』だった私たちですが、気がつけばこんなにも仲間が増えていました。作中に登場するベビープリキュアたちが遊んでいるシーンは無邪気でとても可愛らしいです!が…このシーンの私個人の気持ちはとても切ないものでした。実はほのかとしても小さくなってしまうシーンがあるのですが、演じている間は本当に苦しくて心が痛かったです。『ふたり』はここにいるのに『ふたり』じゃなくて…。それでもやっぱり『ふたり』だったこと。『ふたり』になれたこと。

そんな切なさも、可愛さも楽しさも、たくさん受け取っていただけたら嬉しいです。

『映画HUGっと!プリキュア△ふたりはプリキュア オールスターズメモリーズ』は10月27日(土)ロードショー。

あなたにおすすめ