ヘドロパパ小堀、修士の妻のダメ出しに「意味が分からない」? 結成25周年を迎えた2丁拳銃の“今”

ザテレビジョン

2018/10/22 05:30

今年で芸歴25周年を迎える小堀裕之、川谷修士によるコンビ“2丁拳銃”が、12月に単独ライブ「百式2018」を名古屋、大阪、東京の3都市で開催する。

「百式」とは、100分間ノンストップで漫才を披露する毎年恒例のライブ。漫才コンビ・2丁拳銃の真骨頂が堪能できると、ファンのみならずお笑い通の間で好評を博しているイベントだ。

今回のインタビューでは、二人の漫才師としての矜持を語ってもらうとともに、近年力を入れているというコントやその他の活動に懸ける意気込み、相方に対するへの思い、さらには、「人生が変わる1分間の深イイ話」(日本テレビ系)の密着企画でも知られる、修士の妻であり放送作家の野々村友紀子の話題など、さまざまな角度から2丁拳銃の“今”に迫った。

■ 今年の「百式」は、若くてヤンチャな感じで行きたいなと思います(小堀)

――芸歴25周年という節目での「百式」ですが、何か特別なことはされるのでしょうか?

小堀裕之「この世界に入って25年というメモリアルイヤーではあるんですけど、ライブの中身は若い感じで行きたいなと思ってます。ネタの雰囲気も割とヤンチャといいますか、VTRも使って豪華に見せようかと」

川谷修士「『百式』は年に一度のお祭りみたいなイベントですし、僕自身は正直、25周年みたいなことで特別な感じを出すのは、あんまり好きじゃないんです。今回、ポスターのデザインは僕が考えたんですけど、小堀からの指令で、『25周年』とか『44歳』とか、そのあたりの文字をかっこよく入れてほしいっていう話で。でも、僕はそんなの入れたくない派なんで(笑)、知り合いのデザイナーさんに『“25”はそんなにでっかくしないでください』『“44”はこんな感じで』ってお願いして。結果、イイ感じのポスターができたんですけれども」

――このおしゃれなポスターには、そんなストーリーがあったんですね(笑)。披露される漫才はオール新作とのことですが、ネタの仕上がりはいかがですか?

小堀「まだまだこれからですね」

修士「今は全くの『零(ゼロ)式』です(笑)」

小堀「10月12日にコントのイベント(2丁拳銃コントライブ『25年目の挑戦』」)があったんですけど、うちは今年からコントにけっこう力を入れてまして。実は『キングオブコント』(TBS系)を目指してるんです。だんだんコントの体を作っていって、来年くらいには決勝に出られるようにしたいなと思っていて(2018年は準々決勝まで進出)。言うたら、漫才師っぽくない、コント師がやるコントを目指してるので、『百式』では逆にコントを漫才に馴染ませるにはどうしたらいいのかなっていう作業もやらんとあかんのかなと思ってます」

――コントに力を入れようというのは、何かきっかけが?

小堀「コンビ歴25年ともなると、2人で出られるお笑いのコンテストがほとんどないんですよ。今のお笑いのコンテストって、だいたい芸歴の制限があるんで。その点、『キングオブコント』は芸歴不問なんで、じゃあそこを目指してみようかと。何か目標が欲しいんですよね。目指すべきところがあったら、自分で自分のケツを叩いて、若い気持ちでいられるんとちゃうかなっていう」

――今の小堀さんのお話を聞いて、修士さんはどう思われますか?

修士「へぇ…って感じです(笑)」

――普段、お二人で2丁拳銃の今後の方向性を話し合う、というようなことは…。

修士「ないですねぇ」

――それだけ小堀さんを信用している、ということですか?

修士「いや、一切信用してないです(笑)。でも、俺と相方で考えとか感覚が違ったりするのは、コンビにとってはいいことやと思うんです。その中で、お互いに一生懸命やってたら何か生まれると思うんですよ」

■ “人間力”を高めていきたい。40代の僕らだからこそやれる漫才って絶対あると思うんですよ(修士)

―― 一生懸命走り続けた末に、一体どんなゴールが待っているのでしょうか。何かイメージはありますか?

修士「僕は、“人間力”みたいなものを高めていきたいと思ってます。この先、40代の僕らだからこそやれる漫才って絶対あると思うんですよ。ネタの内容だけやなく、口調とか雰囲気とか、立ち方であるとか。そういうのをひっくるめて僕は“マンパワー”って言うてるんですけど、マンパワーさえあれば、極端な話、30点の漫才でも100点に持っていける。たとえば僕が尊敬している中川家さんなんて、人間力の塊、マンパワーの塊ですからね」

小堀「えっ、中川家さんの漫才が30点ってこと?」

修士「えーっと…どっからそういう話になった?(笑) いや、分かりやすく言うとね、僕らのネタを中川家さんがやっても、きっとウケると思うんです。でも、中川家さんのネタを僕らがやったら間違いなくスベる(笑)。笑い飯もそうやと思うんですけど、中川家さんや笑い飯は、たとえ30点の漫才をやったとしても、100点にできる能力を持ってるコンビなんです。もちろん、オール阪神・巨人さん、ザ・ぼんちさんといった師匠たちもそうやと思いますし。僕らも頑張って、その域に到達したいなと」

――人間力というのは、技術とは関係ない部分だから難しいですよね。訓練で身に付くものでもありませんし。

修士「そうなんですよ。まぁとにかく、いろんな人やモノを見続けて、やり続けることが大事なんでしょうね。その中で、吸収できるものはどんどん自分の中に溜め込んで。そうやって探し続けるしかない。そういう意味では、『百式』を毎年続けてることも、絶対にプラスになってると思いますし」

――“一生懸命”が、やがて血となり肉となる、と。

修士「そうですね。何事も一生懸命やれば、それなりの結果がついてくる。この人(小堀)も、バンドに落語、DJ…何一つ結果が出てへんやないか!!」

小堀「ふふふ(笑)。僕ね、相方だけやなく、相方の奥さん(野々村友紀子)からもよく怒られるんですよ。バンドやってたら『弾き語るな!』、DJをやったら『人のCD、つけたり消したりすな!』いうて。正直、なんで怒られるのか意味が分からない」

修士「いやいや、バンドもDJも、一生懸命やってたら誰も怒らへんねんて。一生懸命やってるか?」

小堀「うん、全部一生懸命」

修士「でもDJは、酒飲みながらやってるんやろ?」

小堀「それもパフォーマンスやから」

修士「どういうパフォーマンス?」

小堀「“この人、お酒飲んで楽しんではるなぁ”っていう」

修士「楽しんでるの、おまえだけや(笑)。バンドのメンバーから、全然練習せえへんってよう聞くで」

小堀「だってベースやもん」

修士「なんで? ベーシストは頑張らへんの?」

小堀「シド・ヴィシャスを目指してるんで」

修士「おまえにそんなカリスマ性はない!」

――(笑)。でも野々村さんも、2丁拳銃の漫才の面白さは認めてらっしゃいますよね。

小堀「はい、ありがたいことですね」

――ただ、「深イイ話」の密着企画の影響なのか、「小堀さん=クズ」というイメージばかりが先行して世間に広がってきていませんか?

修士「そうですねぇ。『でも実はクズじゃない』って言えたらかっこいいんですけどね、彼は本物のクズなんですよ(笑)」

小堀「最近、子供から指をさされるようになったんです。『あ~、ヘドロパパや!』って。ヒーローものの悪役の気分というか、うれしいような寂しいような、妙な気分になりますね(笑)」

■ 何年掛かるか分からないけど、「キングオブコント」で優勝したいです(小堀)

――改めてお聞きしますが、25年間、解散もせず、コンビを続けて来られた秘訣は?

修士「僕が常に我慢しているとは思うんですよ。何度も相方のことで怒られましたから。昔の話で言うたら、小堀が前の日に飲みすぎて、仕事に大遅刻したことがあったんです。そのときは僕が、先輩の芸人からスタッフから、いろんな人に謝り倒して。初めてですよ、謝りすぎて気持ち悪くなったのは(笑)。コンビやから仕方ないんですけど、そういうことも全部ぐっと堪えてきたっていうのは、自分でも偉いと思いますね(笑)」

――堪えることができたのは、小堀さんの才能を信じているから…?

修士「う~ん…そうかもしれないです。何ていうか、小堀は俺の“ブースター”であってほしい、っていう思いがあるんですよ。2丁拳銃というロケットが大気圏を突破したら、ポーンと切り離すつもりなんですけど(笑)、宇宙に出るまでは頑張ってくれよ、という。ただ、そのブースターも最近サビてきて、もはや必要なのかどうか、分からなくなってきてるんですけど」

小堀「(笑)。でもホンマに、僕がいろんなことを好き勝手にやらせてもらってるから、コンビも続けられてるっていうのはあると思います。コンビって常に2つの意見があるわけで、いくら僕がやりたいと思っても、修士がやりたくないって言ったらできないんですよ。で、そういうときのはけ口が、僕の場合はお芝居とか落語とか、音楽だったりするわけです。それが、いいガス抜きになってる気はしますね。まぁ、ブースター的なパワーは弱まってるのかもしれへんけど」

修士「えっ、お笑いではできないことを、バンドとかDJとかでやってるの? 弾き語りも?」

小堀「そう。帰る家がいくつもあるのがいいですね。夫婦だって、嫁の機嫌が悪いときは帰らんでおこう、みたいな方が長続きするじゃないですか」

修士「いや、続かへんやろ…」

――(笑)。では敢えて、お二人にお互いを褒め合っていただきたいんですが…。

小堀「それは難しい質問ですね」

修士「(笑)。うーん、小堀を褒めるとしたらやっぱり、実はすごくマメっていうところかな。あと、とっつきやすくて誰とでも友達になれるってところは、かなり能力高いと思います。ただ、嫌われる能力も高いんで、長く付き合ってると結果、プラマイゼロになるっていうね(笑)」

小堀「修士は、僕とは性格的に真逆なんで、そこはすごく助かってます。“几帳面”とか“真面目”という部分を1人で担当してくれてるので、その分、僕は伸び伸びと好きなことがやれる。これがもし、二人とも真面目やったら、誰も近付いてこないようになると思うんですよね」

修士「不真面目なおまえが言うなよ(笑)」

――26年目以降に向けて、何か目標はありますか?

修士「僕個人で言うと、俳優の仕事がしたいです。映画『火花』(2017年)に出させていただいたときに、僕の演技を褒めてくれる方もたくさんいたんですが、その後なかなかオファーが来ないんで、この記事を読んでいる業界関係者の方もぜひよろしくお願いします!(笑)」

――小堀さんはいかがですか? 先ほど『キングオブコント』の話も出ましたけれども。

小堀「お客さんに、僕らがコントすることに慣れてほしいんですよね。正直、僕ら自身も今までコントのことがよく分からなかったんですよ。劇場でコントをやるときは、リハーサルのために早めに入らなあかんとか、小道具の用意の仕方とか、そういうことも含めて、コントというものに最近ようやく慣れてきたところなんで、お客さんも僕らのコントに慣れてもらいたいなっていう。それで最終的には、やっぱり『キングオブコント』で優勝したいです。何年掛かるか分からないですけど」

――漫才とコントは、やはり全く別物なんでしょうか。

小堀「そうですね。もっと言うと、同じ漫才でも、コンテスト用の4分の漫才と『百式』の100分漫才では全然違いますから。100分の中から4分を切り取っても、4分の漫才にはならないんですよね。マラソンと100m走の違いみたいなもので、使う筋肉が違うんです。だからこれからは、漫才もいろんな形をやりながら、コントの方も極めて、唯一無二の“お笑い筋肉”を作っていきたいと思ってます」(ザテレビジョン)

https://news.walkerplus.com/article/166538/

あなたにおすすめ