キムタク&静香、堀北&山本、福山&吹石…あの有名夫婦5組の“本当の仲”を暴露!テレビで報じられない真実、そして和田アキ子…。

TOCANA

2018/10/21 08:00


 芸能界では俳優・川崎麻世とタレントのカイヤの離婚騒動で盛り上がっているが、「あの有名人夫婦はどうなの!?」と気になる人も多いだろう。テレビでは決してわからない意外な夫婦像を芸能記者が一挙公開――。

1、仲間由紀恵と田中哲司
 田中の度重なる女性問題にも関わらず、2014年9月にゴールイン。仲間は今年6月に双子の男児を出産した。「田中さんの浮気が発覚した時は、彼に静かな怒りをぶつけながらも、浮気相手に『もう2度と会わないで』と通告したという。それほど彼のことが好きだったようだが…」(芸能プロ関係者)。子供が産まれると一変。現在は田中のことは二の次で、子供を溺愛しまくっているという。田中も田中で、再び女性問題を起こした瞬間、仲間の所属事務所から〝業界追放〟を言い渡されているため、身動きが取れない。「最近は彼も仕事が終わると、まっすぐ家に帰っているそうです。やっぱり子供はかわいいようですね」とはスポーツ紙記者。“雨降って地固まる”ということか…。

2、福山雅治と吹石一恵
 全国の女性ファンが悲鳴を上げた2015年9月の人気歌手・福山雅治の結婚。翌年8月には吹石が第一子を出産。名実共に福山は「そして父になった」わけだが…。「九州出身の福山さんはとにかく亭主関白で有名。どんなに育児で忙しくても、家事全般は吹石さんの役目。福山さんのイメージが傷付かないように、仕事先で家庭の話はNGです」とは夕刊スポーツ紙記者。福山の亭主関白ぶりを示すのが過去の合コンエピソードだ。福山と交流のある某人気歌手が主催したもので、女性陣は美女揃いだったというが「福山さんは参加女性の箸の持ち方がなってなかったという理由で『女だったらもう少し気を使え』と説教を始めてしまった。また、サラダの取り分けも遅かったことから『なってない。こういうのは女性が率先してやるべき』とダメ出し。女性陣はドン引きだった」(音楽関係者)という。吹石も苦労が絶えない…。

3、和田アキ子とI・Kさん

言わずと知れた“芸能界の女番長”の和田だが、家庭では意外なほど従順な妻だ。芸能関係者によると「和田さんは料理もうまく、大晦日には手製のおせちを作ってみんなに振舞っている。ぶっちゃけ、Kさんはどう見ても“ヒモ”だが、和田さんが彼がいないと生きていけない。帰宅するなり彼の名前を連呼して存在を確認している」という。和田は36年前に子宮がんを患い、子宮を全摘出。子供が欲しかった和田は「死のうと思った」とそうだが、Kは「子供がいないくて構わない」と励ました。そうした過去から和田はKさんに全幅の信頼を寄せているが…。「ここ何年もキスしてくれない」のが不満なのだという。

4、工藤静香木村拓哉

娘のKoki,のデビューが話題となっているが、すべての“仕掛け人”は妻の静香。キムタクも「静香なしでは生きていけない」と言われており、その万能ぶりには目を見張るものがある。ジャニーズ担当記者の話。「SMAP時代もチーフマネジャーの飯島三智氏は、グループ全体と木村さん個人のスケジュールをFAXで静香さんに送り『これでどうですか?』とお伺いを立てていました。夫の仕事に口は出さないと言われていましたが、とんでもない。『娘の誕生日には仕事入れるな』や『結婚記念日は空けて』など、よく注文をつけていたそうです。木村さんはそんな彼女に全幅の信頼を寄せているので、何も言いません」という。夫婦関係もはたから見れば、円満に映る。ただ、見る人が見れば「静かに、ゆっくりと木村さんを自分色に染めた感じ。都内にある超豪邸も、隣に静香さんのお母さんが住んでいましたからね。年に1度のハワイ旅行にも静香さんの母親を同伴しています。マスオさん状態に近いですかね」(キムタクファンの40代女性)という。かくして静香は“女帝”となった――。

5、堀北真希と山本耕司
 2015年に俳優の山本耕司と結婚。同時に芸能界をあっさり辞めた堀北は、可愛らしい外見とは裏腹に、男勝りなことで知られる。スポーツ紙記者の話。「友人の女性が交際中の男性にひどいことをされたと聞きつけた堀北さんは、彼女のスマホから男性にブチ切れ電話をかけたそうです。その迫力たるやヤンキー顔負けだったそうです」。結婚は山本の熱烈アプローチが実った形だが、そんな気質の堀北だけに山本も四苦八苦しているという。女性誌記者は「2016年12月に子供が産まれて以来、堀北さんは夫をパシリ扱いしているそうです。相当ストレスが溜まっているのか、山本さんは休みの日によくパチンコ店に出掛けているそうです」と話す。今後も山本は鬼嫁の尻に敷かれていきそうだ。

画像は、The Real Caiya カイヤ写真集/音楽専科社、無条件 Single, Maxi/徳間ジャパンコミュニケーションズ

あなたにおすすめ