スメハラの解決は難しい? ヤバすぎる臭いを指摘できる強者はわずか…

しらべぇ

2018/10/20 20:00


(AH86/iStock/Getty Images Plus/画像はイメージです)

ワキガなどの体臭は、一般的には不快なものとしてあつかわれている。本人は気づいていないことも多く、なにも対策しないままになっていることも…。

しかし他人が指摘するにも、かなり勇気がいることだろう。

■臭いを指摘できる人はわずか


しらべぇ編集部では全国20~60代の男女1,363名を対象に、「臭いについて」の調査を実施。

(©ニュースサイトしらべぇ)

「人の臭いを指摘できるほうだ」と答えた人は、全体で13.8%と少ない割合に。性年代別では、30代男性が一番多くなっている。

(©ニュースサイトしらべぇ)

しかし2割を超えることはなく、幅広い層が「臭いを指摘するのはNG」だと思っているようだ。

「悩みとかも相談し合える友達がワキガだけど、さすがにそれは言えない。体質の問題だから、事実でも本人が傷つくと思うから。

そこまでひどい症状ではないので、僕自身は気にならないしね」(20代・男性)

■香水やニンニクなら言えるけれど…


香水の臭いなど、自分でつけたものなら指摘しやすい。

「香水や柔軟剤とかなら『いい香りだけど、ちょっと強い気がする。苦手な人もいるから、もう少し控えてみたら?』って感じで遠回しに言えるかな…。体臭と違って自分でつけた香りだから、本人の衝撃も少ないと思う」(30代・女性)

ニンニクなど、食べ物の臭いも同様だ。

「ニンニク臭とかなら『昨日、なに食べたの?』とか冗談混じりで言える。その臭いは、時間が経てば消えるから」(20代・女性)

■上司に相談して解決


職場に臭いがきつい人がいる場合には、仕事に影響が出ることもある。たまりかねて、上司に相談した女性も。

「職場にワキガの人がいて、職務に支障をきたすほどだった。でも私から本人に伝えるのも嫌味になるので、上司に相談。上司も気になってたようで、嫌々ながらも伝えてくれることになった。

本人も気づいてなかったようで、かなり落ち込んでいたそう。それでも私が買って上司に託した消臭クリームを使うと約束してくれたみたいで…。

それから臭いも気にならなくなったので、勇気を出して言ってくれた上司には感謝しかない」(30代・女性)

できるなら臭いの指摘なんてしたくないものだが、立場によっては代表して伝えなくてはならないときもあるかも。

・合わせて読みたい→隣のおじさんだと思ったのに… 「臭い」と思ったら犯人は自分だった経験

(文/しらべぇ編集部・ニャック

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo」
調査期間:2018年8月31日~2018年9月3日
対象:全国20代~60代の男女1,363名(有効回答数)

あなたにおすすめ