SKE48ドキュメンタリー映画『アイドル』にメンバー「人間のリアルを観て欲しい」「いろんな意味で泣けます」

SKE48のドキュメンタリー映画『アイドル』が10月19日に公開され、メンバーがイオンシネマ板橋などで初日舞台挨拶を行った。大場美奈は事前にSNSで「実はまだ映画の完成観てないから楽しみ。SKE48がどう見えるのか、スクリーンで皆さんと一緒に体感したいと思います」とつぶやいており、彼女たちも劇場でスクリーンに見入った。

イオンシネマ板橋で舞台挨拶を行った須田亜香里、大場美奈、北川綾巴はポップコーンを準備してシートに座ったが、鑑賞後の熱いツイートからすると感動のあまり食べそこねたのではないか。

映画『アイドル』は『第10回AKB48世界選抜総選挙』の開票イベントが愛知・ナゴヤドームにて開催され、松井珠理奈が1位となって後に体調不良で長期休養してからのSKE48を中心に追っている。

予告映像では、まだ開票イベントより前に松井珠理奈が「皆がひとつになって同じ夢に向かっている感じがある」「見えたんですよ光が! だから、SKEを本当の一番にするまでは絶対に辞められない!」と語る場面があり、その柱が不在となってからのメンバーに密着した映像は必見だ。

劇場で本編を堪能した北川綾巴は、SNSで「アイドルの生き様と言うのかSKEの生き様。もっとSKEが好きになりました。そしてまた一つ。大切な事に気づけたそんな映画でした」、大場美奈は「普通の女の子たちがアイドルとして輝きたくて、一生懸命生きる姿がいろんな意味で泣けます。絶対泣ける映画です」とつぶやいている。

さらに須田亜香里は「今日本でアイドルの在り方が改めて問われたり映画にも過酷に見えるシーンは描かれていて綺麗事なんて一つもないけど、全て正解に変えようと生きる人間のリアルを観て欲しい!」と呼びかけた。

また、イオンシネマ大高で青木詩織、松村香織と舞台挨拶を行った内山命は「“アイドル”を見てしまった。という気持ちになりました」と明かす。アイドルの彼女が観ても「感じ方は人それぞれだと思いますが、純粋にアイドルってすごい。それと同時に楽しいだけじゃやっていけない現実を突きつけられました」と改めて実感する作品なのだ。

画像は『SKE48 2018年10月19日付Twitter「#映画アイドル 初日。」』『内山命 2018年10月19日付Twitter「#映画アイドル 舞台挨拶終わりました!」』のスクリーンショット

(TechinsightJapan編集部 真紀和泉)

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ