ジャニーズWEST小瀧望が「あっという間にキンプリに抜かれた」と自虐

wezzy

2018/10/19 23:45


 比較的ジャニーズ主演モノが少ない今年の秋ドラマ。でも嵐・相葉雅紀さんが主演の『僕とシッポと神楽坂』(テレビ朝日系)では、後輩であるジャニーズWESTの小瀧望さんも登場し、ジャニーズファンを癒しています。

すでにドラマの撮影はすべて終えているとのことですが、収録中やイベントでの裏話をこっそりご紹介。小瀧さんも充分人気ですが、今年デビューした後輩グループ・King & Princeの巻き起こしているブームには思うところがあるようで。さらに相葉さんが、関ジャニ∞の大倉忠義さんのクールな態度を叱ったという話も……。

___

皆さん、ごきげんよう。アツこと秘密のアツコちゃんです!

先週に引き続き、相葉雅紀くんの主演ドラマ『僕とシッポと神楽坂』(テレビ朝日系)のお話をしちゃう『アツとシッポと神楽坂』パート2です。

皆さん、第1話はご覧になりました? 心優しき獣医の高円寺先生はまさに相葉くんのハマり役って感じでしょ?  一杯引っかけながら見て「神楽坂に住む高円寺役って、ちょっとややこしや~」なんて言う人は放っておいて、ワンコもニャンコも可愛くて、見ているだけで一週間の疲れがス~ッと取れていくような癒しの金曜夜になったんじゃないかしら?

相葉くんと動物のふれあいはとても自然でさすがって感じだけど、彼自身も子供の頃から、「ヨークシャーテリア2匹とグレート・ピレニーズいう種類の白くてでっかい犬を飼っていた」んですって。劇中に登場する真っ白の犬・ダイキチの本名はアトムというのだけど、「僕が飼ってたグレート・ピレニーズもアトムという名前だったので、この出会いは運命なのかなと思っちゃった」と答えた相葉くんの瞳はちょっぴりウルウル。

共演者の広末涼子さんはかつて大人気だったシベリアンハスキーを飼ったことがあったとか。趣里ちゃんは実家で「16年間、チワワを2匹飼っていました」との事なんだけど、「今は猫を飼っています。でも......実は私、猫アレルギーなので、たまに痒くなったり大変なことになります」と苦笑い。えーっ、聞いてるこっちがビックリよ。アツがたまに見かけるヤンキー臭が抜けない謎めく情報屋のレディ・ゴゴ(仮名)さんも、まぁまぁ美人さんなのに、ある時から肌が真っ赤に腫れ上がっていたり、急に咳き込んだりしていたからどうしたのかしら?  と思っていたら「猫アレルギーなのに猫を飼ってしまった」とかで。一歩間違うと大変な事態に陥るというのに、女優さんなのに、もう趣里ちゃんったらぁ。

一方、ジャニーズWESTの小瀧望くんは「僕は飼ったことがないんですけど、このドラマで可愛い動物たちと触れ合い見ているうちに心が動いちゃいましたね。特に可愛かったのが......子猫ちゃん!」なんて言うもんだから、アツの頭の中にはすっかり手越祐也くんの姿が。それを素早く察知した小瀧くんってば、「いや、あの手越くんじゃないですよ~。ちょっとシルバーの入った猫ちゃんがいて可愛くて可愛くて。欲しい、飼いたいと思い始めちゃって。でも実際に飼ったから大変なんやろなと、自分の中でものすごい葛藤をして、どうにか思い留まった」そうなの。コメントひとつとっても、ノンちゃんは本当にいつ会っても面白いのよ。

ジャニーズWEST小瀧望は役者として好評価
 今回の『僕とシッポと神楽坂』はもちろん相葉くんの主演作で、共演者の皆さんも豪華だし動物もめちゃくちゃ可愛いんだけど、見どころの1つに“小瀧望”くんの活躍があると思うのよね。

知らない人のために一応ご紹介しておくと、2014年の4月23日にCDデビューしたジャニーズWESTのメンバーで、身長は184cmと一番高いけど最年少の22歳。ドラマでも大野智くん主演の『世界一難しい恋』や今年1~3月に放送された山田涼介くん主演の『もみ消して冬~わが家の問題なかったことに~』(ともに日本テレビ系)などに出演。毎回いい味を出しているのよね。

『もみ消し~』はアツのイチオシドラマだったからガツガツ潜入してたんだけど、若手出演者をいつもガツンと厳しく指導することで有名なファンキー中島悟監督が、「小瀧には文句のつけようがなかった。悔しいけど器用だし何でもこなせる」とあっぱれ発言をしてたぐらい。

山ちゃんも「俺と違って背も高いし(笑)、カッコイイ顔してるのにすっとぼけてる所も何か可愛い。努力は見せないけど演技に関してはすごく一生懸命だし、何より一緒にいて気持ちがいいからプライベートでも仲のいい後輩なんだ」とゾッコンだったしね。黙っていればかなりなイケメンなのに、大阪生まれの性なのか、サービス精神旺盛で、今年デビューしたばかりの後輩グループ・King & Princeのことも「人気あるなぁって。すでにあっという間に抜かされましたね。僕たちも頑張らないと」なんてサラリと自虐ネタも。インタビューしてても毎度ついうっかり笑っちゃうのよね~。

今回も相葉くんとの相性はぴったりで、先輩・相葉くんへのツッコミもするしフォローもするし、何しろ合いの手を入れるのがうまいったらないの。イベントで射的に挑戦したんだけど、相葉くんが成功しても失敗しても盛り上げて場を明るくしてたし、相葉くんが射的をする時はノンちゃんがさりげなくマイクを相葉くんの口元へそっと持って行って声を拾ったり、気遣いもカンペキ!   相葉くんもノンちゃんを可愛がっていて、撮影中もじゃれあってたし、最高のコンビネーションで楽しませてくれたのよ。

相葉雅紀が大倉忠義を叱った理由
 昔、相葉くん主演のドラマ『三毛猫ホームズの推理』(日本テレビ系)で関ジャニ∞の大倉忠義くんと共演した時は、大倉くんとの芝居はすごくよかったんだけど、大倉くんの誕生日の時のこと。大倉くんの取材態度があまりにクールだったから相葉くんが驚いて、「まさかいつもこんな感じじゃないよな?  大倉の誕生日だから皆さんが取材に来てくださっているのに、お前マジかよ。ダメだよ、そんなの。俺たちだって、先輩たちだって絶対そんな事しない。その態度1つで先輩たちが笑われちゃうんだよ」と叱ったの。

おまけに相葉くんが代わりに取材陣に「本当にごめんなさい。大倉には後でよく言っておくんでどうか許してください」と謝って、共演者の大御所俳優さんが「相葉くんってやっぱり凄いね。あんなに人気があるのに腰が低くて。後輩のために自ら頭を下げるなんて、なかなか出来ないことだよ」って関心していたもの。

そうやって考えると、相性もあるのかもしれないけど、今回はとっても平和でね。元々がポジティブなノンちゃんだからなのか「僕が演じる堀川というキャラは熱くてウザイ。どうにも画面を邪魔しちゃうですよ。僕がいなければもっとホッとする癒し系のドラマになったと思いますが、一週間の皆さんのストレスのはけ口になれば」なんて言って笑わせてくれるの。

さらに相葉くんが共演者のイッセー尾形さんと村上淳さんの「この2人のアドリブが凄いんですよ。面白くて勉強にはなりましたけど、本当に大変でした。僕の他に被害者はいませんか?」と問うと、「はーい、僕なんかしどろもどろでしたよ」とノンちゃんが手を挙げたり。漫才コンビのようなかけあいが。

しかもそれだけじゃなくてノンちゃんが「手術のシーンがあって、相葉くんは緑のシュッとした手術着ですごくスムーズな手つきで手術を進めていて」と言えば、相葉くんが「お前、手術シーンでなんかしてたっけ?」と聞き、「僕は獣医を目指す学生役ですからデータを見たりするだけで、何もしてませんけど。極めつけは僕だけ学生なので、手術着じゃなくてシャワーキャップみたいなのを被ってるんですよ~」としょんぼり。

するとすかさず相葉くんから「あれはシャワーキャップじゃないから」とツッコまれ、「でもそういう姿でいても小瀧は顔が濃いから存在感は半端ない」そうで、こんな楽しいやりとりがずっと続くわけ。いいでしょ?

ロケ地となった神楽坂もノンちゃんは「この撮影で初めてきました。大人の街ですね。これからプライベートでも遊びに来たい」と大絶賛。相葉くんも「ガラス張りの神社があるなんて知らなかった。オシャレなカフェも多いし素敵な所。僕もこれからまた神楽坂にと思ってます」とまたまた息ぴったり。相葉くんが作ったという全スタッフの名前入りスタッフジャンパーを着た人たちも「あの2人はいるだけで面白い。スタッフみんなの心を明るくしてくれるし、優しい気遣いのおかげで疲れなんか吹っ飛んじゃうよ。また絶対に一緒に仕事がしたい」って褒めてたわ。

2話からは噂のノンちゃんも出演して、見応えたっぷりの癒し系ドラマ『僕とシッポと神楽坂』。撮影合間の楽しいやりとり、仲の良さが画面にも所々、反映されているので期待して見て欲しいなぁ。相葉くんファンの皆さん、後輩・小瀧望くんのこともどうぞ応援してあげてください。なかなかの味、出してますので。金曜夜は『相葉くんとノンちゃんと動物たち』で決まり。ぜひぜひご覧くださいませ~!

あなたにおすすめ