大家志津香『言い訳Maybe』荻野由佳『ヘビロテ』でセンター、ワダフェス“AKO選抜”で実現

和田アキ子主催による音楽イベント『AKIKO WADA 50th ANNIVERSARY「WADA fes」~断れなかった仲間達~』(ワダフェス)が10月17日・18日と日本武道館で開催された。加山雄三、横山剣(クレイジーケンバンド)、氣志團、GACKT、DA PUMP、ピコ太郎、竹内涼真など多彩な顔ぶれがステージに登場するなか、AKB48は2日目に出演した。

“ACO選抜”メンバーはAKB48から柏木由紀(NGT48兼任)、峯岸みなみ、大家志津香、宮崎美穂、高橋朱里、加藤玲奈、小嶋真子、込山榛香、村山彩希、茂木忍、後藤萌咲、坂口渚沙、下尾みう、中野郁海、SKE48から山内鈴蘭、NGT48から荻野由佳、そしてAKB48 OGの板野友美と河西智美が加わった総勢18名だ。

板野友美が『フライングゲット』(2011年8月)でセンターポジションを務めて沸かせると、センターが代わりながら『言い訳Maybe』(2009年8月)、『ヘビーローテーション』(2010年8月)、『365日の紙飛行機』(2015年12月)などヒット曲を披露、さらに『恋するフォーチュンクッキー』を氣志團とコラボした。

前田敦子のセンター曲『言い訳Maybe』でセンターに立った大家志津香。SNSでは「ワダフェスOver25…またともちんさん、ともーみさんとステージ立てるなんて」と板野・河西との共演に感激したことをつぶやいた後で、「昨日アイドル12年目にしてライブで、初センターをやらさていただきました…前に人がいない不安が凄すぎた。ステージで珍しくめっちゃ緊張しました。笑 感謝!」と振り返っている。

また、大島優子のセンター曲『ヘビーローテーション』でセンターを務めたNGT48の荻野由佳は、「ヘビーローテーションで板野さんと“いつも聴いてた~♪”を2人で歌えた事 凄く嬉しかったです!」とツイートしている。

板野友美のSNSではスタッフが「会場のスマホライトや金テープを嬉しそうにみるAKB48 AKO選抜メンバーの笑顔が印象的でしたが、終演後に #和田アキ子 さんとの集合写真のメンバーの笑顔はさらに素敵でした」と画像を公開したところ、「センターに立つともちんに感動しました」「久々にともちんがAKBの曲を歌ってる姿が見れて本当にうれしかったです AKO選抜最高!!!」と反響があった。

大家のツイートにも「めっちゃ嬉し懐かしいメンバーやん 古き良き日のAKB48やー」「1期生から5期生までいるね~こんなレアなライブ行きたかったな~」という声があり、機会があれば“ACO選抜”の再集結に期待したい。

画像は『和田アキ子 2018年10月18日付Instagram「#WADAfes #AKB48 #AKO選抜」』『荻野由佳 2018年10月18日付Twitter「#WADAfes ありがとうございました!」』のスクリーンショット

(TechinsightJapan編集部 真紀和泉)

当記事はテックインサイトの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ