有村架純「体の悩み相談に乗りたい」 やってみたい仕事を明かす

クランクイン!

2018/10/18 20:34

 女優の有村架純が、18日に都内で開催された映画『かぞくいろ―RAILWAYS わたしたちの出発―』完成披露試写会に出席した。有村は物語に絡めて、やってみたい仕事を問われると、体に関する悩み相談に乗ることだと語った。

【写真】映画『かぞくいろ‐RAILWAYS わたしたちの出発‐』完成披露試写会フォトギャラリー

夫の修平(青木崇高)を亡くした晶(有村)が、修平の連れ子・駿也(歸山竜成)や、義父である節夫(國村隼)と織りなす人間ドラマを描く本作。イベントには、國村隼、桜庭ななみ、歸山竜成、木下ほうか、筒井真理子、板尾創路、青木崇高、吉田康弘監督も登場した。

イベントでは、劇中で晶が鉄道運転士を目指すことにちなみ、それぞれがやってみたい仕事を発表する一幕も。有村は「自分自身の体の健康面だとか、体調管理は常に気にしている」としたうえで、体に関する悩み相談に乗ることだと回答。「私も体について悩むことがけっこうあって、もちろん知識も勉強して、技術も勉強して、そういった人たちを助けたい」と語った。

一方、ベテラン鉄道運転士という役どころの國村は「大きな動くものを運転すると、興奮するな、楽しいなという経験をしたんですね」と撮影を回想し「できれば次は、飛行機を運転してみたい。操縦してみたい。ちょっとそんな気にさせられました」とニッコリ。桜庭は「小さいときからナースになりたくて」と明かし「今の会社の方にスカウトしてもらって、このお仕事を始めたんですけど、その理由が『ナースの役で(ナースが)できるから、やってみない?』って言われて、今ここに立っています(笑)」と続けた。

最後に再びマイクを握った有村は「家族の在り方とは何だろうか?ということを、改めて考えさせてもらえるような優しい作品ですので、ぜひ見終わった後は、温かい気持ちで帰っていただければと思います」と、笑顔で作品の魅力をアピールしていた。

映画『かぞくいろ―RAILWAYS わたしたちの出発―』は、11月30日より全国公開。

あなたにおすすめ