お風呂上りが勝負!美人がやってる習慣3つ

beautyまとめ

2018/10/18 17:00

冷えは美容の大敵です。特にお風呂に入った後に体が冷えると、せっかく高まった代謝が低下してお肌やダイエットのためにも良くありません。

そこで今回は、お風呂の後に湯冷めしない方法と美肌を保つを3つのポイントに絞ってご紹介します!

1.濡れたタオルを体に巻かない

shutterstock_119362186

お風呂から上がって体や髪を拭いたタオルを体に巻きつけたまま、スキンケアをしていませんか?実はそれが湯冷めをする原因。濡れたタオルを体に巻いていると、どんどん体温が奪われて冷えてしまうんです。

お風呂から出た直後にスキンケアをするなら、タオルで水分を拭き取った後、別の乾いたタオルやバスローブで体を包んでおきましょう。さらに肩に乾いたタオルをかけておくと、よりいっそう冷えにくくなりますよ。

ちなみにお風呂から出てすぐに服を着るのはNG。熱がこもりすぎて汗をかき、かえって体を冷やしてしまいます。

2.1分以内に保湿する


1. タオルで顔の水分を取り、保湿力のある化粧水をスプレー。
2. 体が濡れた状態で、ボディオイルやボディクリームを塗り広げる。
3. 軽く体の水気を取り、髪をタオルドライ。
4. 部屋に戻って、化粧水でしっかり保湿ケア。

上がってすぐに化粧水をスプレーすることで、顔の乾燥を防ぎます。

ボディケアは濡れたままだとオイルやクリームをのばしやすく、肌をこすらずしっかり保湿ができます。

後は部屋に戻ってしっかり顔の保湿をすればOK。

1~2だけ急げば良いので、慌てる必要もありません。
3~4は慌てずのんびり、水分補給をしてくつろぎながらゆっくりやれば大丈夫です。

3.冷たい飲み物を飲まない



お風呂で体が温まると、冷蔵庫で冷やした飲み物が欲しくなりますよね。でもそれだけはやってはいけません!特に冬は、お風呂で温まった内臓まで一気に冷えてしまいます。

ですから冷たい飲み物はぐっと我慢して、常温の水分を飲むようにしましょう。ただし冬は常温でも冷たいので、少し温めたものを飲むことをおすすめします。

お風呂上りが勝負!

あなたにおすすめ