【世界の市場】魚教会と呼ばれているスウェーデンの市場(Feskekörka) で地元のグルメを堪能しよう!

GOTRIP!

2018/10/18 08:23

スウェーデン第二の都市ヨーテボリ(Göteborg)は、ヨーロッパの海上交通の要である北海への出入り口として発展した湾岸都市。

かつてスウェーデン東インド会社が街に繁栄をもたらし、現在も自動車メーカーのボルボなどの有名企業の本社や工場が多くあります。

ヨーデボリといえば、新鮮な海の幸を使ったグルメが名物。

今回は一風変わった「魚教会」の名を持つ屋内マーケットを訪ねてみましょう!



ヨーデボリは市内中心部に運河が流れており、川沿いには美しい景観が続いています。運河沿いを歩いていると目に入る、ひと際目立つ建物が「魚教会」です。



昔は近くにある屋外の広場でマーケットが開かれていたり、運河に直接船で乗り入れ、船上で魚の販売などをしていました。

現在の建物が建てられたのは1874年。ヨーテボリの建築家Victor von Gegerfeltによって設計された建物は、ノルウェーの木造教会やネオゴシック様式などを織り交ぜたナショナルロマン主義の個性的な建築です。




魚介類専門のマーケットですが、特徴的なアーチ型の窓を持つ建物は一見すると教会のような外観なので、ヨーテボリの方言で「魚教会」を意味する「Feskekörka(フェスケショルカ)」と名付けられました。

見る角度によって、雰囲気が変わって面白いですね。




旅行中に食材を購入するのは難しいですが、観光客も新鮮な海の幸を堪能できるレストランやカフェ、惣菜店などもあります。









こちらのお店は、北欧の定番料理の小エビをたっぷりと使ったサラダ、サーモンの盛り合わせや海鮮スープ、サンドイッチ、魚のグラタン、フィッシュケーキなどが販売されています。







量り売りの惣菜も販売しているので、大中小とそれぞれのボックスで購入できます。お試し感覚で注文できるので、観光客にも人気。

ぜひ試して頂きたいメニューは、スモークサーモンの盛り合わせ。数種類の味付けのものをミックスしてもらう事もできます。今回は普通のスモークサーモンとチリ味を選びました。





しっかりとした味付けで、お酒のおつまみとして頂きたくなるような一品です。

一緒に注文したフィッシュケーキは日本のはんぺんを思い出すような触感で食べやすい。

マーケットの外にはテーブル席が用意されているので、天気が良い日は運河沿いの風景と魚教会を眺めながら、テイクアウトフードを頂くのもおすすめです。

ヨーテボリを訪れた時には、一風変わったマーケットの魚教会でスウェーデングルメを堪能してみませんか?



Post: GoTrip! https://gotrip.jp/ 旅に行きたくなるメディア

名前 魚教会(Feskekörka)
住所 Fisktorget 4, 411 20 Göteborg, Sweden
アクセス トラムGrönsakstorgetから徒歩7分
営業時間 月~金:10-18時、土曜10-15時
定休日 日曜日
公式サイト http://www.xn--feskekrka-57a.se/
料金 無料

あなたにおすすめ