バター高いな…お菓子作りあるある




市販でおいしいお菓子はたくさん売られていますが、それでも定期的にお菓子を作りたくなることがある人も多いはず。小麦粉と卵と砂糖さえあれば、気軽にできるのも手作りお菓子のいいところですよね。また、お菓子を手作りするということにテンションがあがる人もいるのではないでしょうか。ここではそんなお菓子作りあるあるについて聞いてみました。

お菓子作りあるある

バターが高くて買うのを躊躇



「クッキーとかパウンドケーキを作ろうと思ってバターを買いに行くも、高くて躊躇。隣にあるマーガリンで代用できるんじゃないかと考えちゃう。結局バター半分、マーガリン半分くらいの割合で使う(笑)」(30代/主婦)

▽ 美味しいお菓子作りに欠かせないのがバターです。とはいえ、結構バターって高いですよね。普段大量に使うことがないぶん、買うのに躊躇してしまう人も少なくありません。もったいないからと、半分以上マーガリンでやサラダ油で代用するという人も。美味しいお菓子を作りたいという気持ちと、お金がもったいないという気持ちに板挟みにされてしまうようです。

お菓子には砂糖がたっぷり含まれていることを知る



「お菓子作りをしていると、砂糖を大量に使うことがわかってお菓子ってやっぱりハイカロリーだよなと実感する。砂糖を控えめにして作るとそんなに甘くないし。市販のお菓子ってどれくらい大量にお砂糖使っているんだろう?」(20代/学生)

▽ 普段何気なく食べているクッキーやケーキ。実際に自分で作ってみると、砂糖の分量が多くてびっくりするという人も多いようです。「お菓子ってこんなに砂糖を使うの!?」とびっくりして、市販のお菓子をあまり食べなくなったという人も。作っているからこそ、わかることなのかもしれません。

失敗はレシピのせいにする



「失敗するとレシピのせいにする! レシピ通りに作っているのに中身が生焼けだったことが結構あるし……。まあ、予熱忘れちゃったりする私が悪いんだけど(笑)」(20代/IT)

▽ オーブンでレシピ通りに焼いたのに中が生焼けなんてこともあるようです。レシピ通りに作っていると思っていてもうまくいかないこともあるのが手作りならではかもしれませんね。

味見でお腹がいっぱいになる

「味見だからとトッピングに使うチョコとか生クリームを食べるから、お菓子が出来上がる頃にはお腹がいっぱいに……。友達とか職場の人にくばることになる」(20代/飲食店)

▽ お菓子を作っていく中で、チョコチップを使ったり生クリームを使ったりすることもあるでしょう。味見をしていくうちにお腹がいっぱいに。さらにお菓子の甘ったるい香りですっかり食べた気になってしまうこともあるようです。

後片付けが面倒



「ボウルを何個も使ったり、泡立て器を使ったりと大きな器具を使うので後片付けが大変! 作るのは楽しいけど片付けるのは面倒くさいなー」(30代/保育士)

▽ お菓子を作るのは楽しいですが、後片付けは面倒なもの。特にお菓子づくりは大きなボウルや泡立て器など洗うのが面倒なアイテムも沢山使います。作ったあとにキッチンに山積みになったそれらを見て、疲れてしまうこともあるようです。

あなたにおすすめ