モデルはひまわり。太陽の動きに合わせて開いて傾くスマート太陽光パネル「SmartFlower」

181010_smartflower
Image: Tech Insider/YouTube

超巨大ひまわりが太陽を追いかけます。

今使われている太陽光パネルのほとんどは一方向しか向いておらず、場合によっては非効率的なこともあろうかと思います。しかもずーっと屋外に並べっぱなしなので、清掃などのメンテも面倒臭そう。

そんな不動の太陽光パネルに革命を起こすのが、晴れた日に扇子のように丸く展開し、設置された座標から太陽の動きを計算して自転するスマートな太陽光パネル「SmartFlower」。これだと従来型よりも、40%効率的に発電をすることができるのです。


メカニズムはひまわりにソックリ


「SmartFlower」が日の出に合わせて花を開かせるのも、自動で太陽を追うのもひまわりとまったく同じ。

12枚の花びらが太陽に対して正面に向くよう傾き、日沈や悪天候、または強風だと畳まれるよう作られています。なお畳まれる際は、仕込まれたブラシにより自らがパネルを清掃するようになっています。

スマート加減は?


背面には換気システムが搭載されており、表面を通常のソーラーパネルより約7°C低く保ってくれます。そしてスマートフォンの専用アプリに電力量の情報が送られるようにもなっており、一部のモデルでは発電した電力を任意の使い方に振り分けることも可能となっています。

導入するには


希望小売価格は製品のみで2万4950ドル(約283万円)とのこと。設置の費用は別途6,000ドル(約68万円)ほどで、作業は5時間かかるとあります。さすがにお値段も規模も大きいので、導入するのは銀行や動物園や農園や大学といった、大きな施設ばかり。

もちろん個人でも設置して構いませんし、外部EV充電ステーションと接続すれば、電気自動車の充電もこの太陽光発電で賄えてしまうのです。そうすれば燃料代はタダになりますし、小遣い稼ぎに売電しても良いかもしれませんね。

アメリカでは商業用および居住用購入者のための30%連邦投資税額控除と、商業購入者のための100%ボーナス減価償却の資格があるとのこと。日本でもこれくらいの制度を設けて、「SmartFlower」が普及してくれたらなぁと思います。

Source: YouTube, SmartFlower

あなたにおすすめ