渡辺直美、31歳の抱負「彼氏マジでほしい」理想は岡田将生、新田真剣佑、小栗旬!?

Movie Walker

2018/10/17 19:42

お笑いタレントの渡辺直美が10月17日に新宿ピカデリーで開催された『アイ・フィール・プリティ! 人生最高のハプニング』(12月28日公開)の吹替え版完成披露試写会に出席。10月23日(火)に31歳の誕生日を迎えるとあって、サプライズで誕生日をお祝いされた渡辺が、31歳の抱負を語った。

自分に自信が持てずに悶々とした毎日を過ごしているOLのレネー(エイミー・シューマー)が、思わぬハプニングによって魅力的に変身していく様を描く本作。

劇中、エクササイズバイクでトレーニング中のヒロインが頭を打って気を失うシーンがあることから、渡辺がこのシーンを再現してみることに。外国人の女性トレーナーに見守られながらバイクをこぎ、ヒロインさながらにバイクから落ちて気絶したフリをしていた渡辺。そこで突然、バースデーソングが流れ始め、渡辺の顔を描いたケーキが登場。渡辺は「ええ!?」と戸惑いの表情を見せつつ、大爆笑した後に「ありがとうございます!みんな知ってたのー!?」と大喜びだった。

31歳の抱負については「30代、あまり体調がよろしくない。筋肉が急に痙攣し始めたり、お尻がビクビクしたり、踊ったあとの疲れがある」と告白し、「体力作りをしていこうかなと思います。膝とかちょっとヤバい」と苦笑い。

さらには「彼氏がほしい。いい人と出会えたらいいなと思います。なかなか出会いがない」そうで、「彼氏がマジでほしい」と希望。「そこまで面食いではない」と明かした渡辺だが、外見のタイプを聞かれると「岡田将生くんとか、(新田)真剣佑くんとか。小栗旬さんとか」とイケメンを並べ立て、会場の笑いを誘っていた。

本作で、吹替えで初の単独主演を務めた渡辺。主演のエイミーの大ファンだったそうで、「すごくうれしかった」とオファーを述懐。「主演の人の声を私みたいな素人がやって大丈夫かなと思ったけど、彼女のことが好きだったし、私の気持ちも(ヒロインと)同じところがあった。私も元気をもらいたかったので、『やります』と言いました」と作品の内容にもシンパシーを感じたという。

「すごく難しかった。4日間、朝から晩まで。スタジオに監禁状態」とアフレコには時間をかけたというが、「ブースの向こうからみんなの笑い声が聞こえてくる。『よし、ウケたぞ!』と感じられたので、楽しくやれました」と手応えを語っていた。(Movie Walker・取材・文/成田 おり枝)

https://news.walkerplus.com/article/166088/

あなたにおすすめ