高ポイント還元クレジットカードに大変動が発生

ラジオライフ.com

2018/10/17 19:05


クレジットカードはここ数年“サービス改悪”が続いています。もらえるポイントが減ったり、最悪ゼロになることも…。高ポイント還元クレジットカードに大変動が発生しているのです。そこで、クレジットカードのポイント還元の最新情報をチェックして、より良いサービスに乗り換えましょう。

高ポイント還元クレジットカードに大変動が発生

定期券一体型のクレジットカード


JRを通勤・通学で使っている場合、実質年会費無料の「ビックカメラSuicaカード」を使って定期代でポイントを稼ぐのが定番の手法。ですが、2018年7月、さらに効率良くポイントを貯められるクレジットカードが登場したのです。

「JREカード」は初年度年会費無料(2年目以降515円)で、JR東日本でのチャージ・キップ・定期券購入で、1,000円に付きJRE POINTが15P貯まります。

ここはビックカメラSuicaカードも同じなのですが、カードを定期券一体型にできるのが大きなメリット。つまり、JREカードなら普段持ち歩くカードを1枚減らせるわけです。

また、2018年7月より「ビューサンクスポイント」が「JRE POINT」に変更。JR東日本の駅ビルで食事や買い物をした際には、3.5%のポイントが還元されます。首都圏はもちろん、東北でも幅広く使えるのも魅力です。

nanacoチャージのクレジットカード


電子マネー「nanaco」は、住民税や自動車税といった税金の支払いに使えるため、間接的ながらも税金払いでポイントをゲットできることになります。しかし、2018年に入ってnanacoへのチャージでポイントが付かなくなったり付与率が低下するといった改悪が、多数のクレジットカードで実施されたのです。

この改悪により、nanacoチャージ最適クレジットカードランキングは大きく変動することに…。そこで1位に躍り出たのは、1.2%のポイント還元率を誇る年会費永年無料の「リクルートカード」です。

ただし、2018年4月にチャージでのポイント付与は月3万円までと制限されました。まあ、これだけでも十分お得なのですが、とある方法でこの3万円制限を突破できます。

このリクルートカードはJCB1枚と、VISAまたはMastercard1枚まで発行可能。つまり、カードを2枚持ちすることで、チャージでポイントを入手できる上限を倍の月6万円にアップできるのです。

あなたにおすすめ