国交省、リニア中央新幹線の大深度地下使用認可 2019年度から工事可能に

Traicy

2018/10/17 17:56

国土交通省は、JR東海が建設を進める中央新幹線(リニア)品川~名古屋間の大深度地下の使用について、10月17日付けで認可した。認可区間は東京都品川区から町田市までの33.3キロメートルおよび愛知県春日井市から名古屋市までの約17キロメートル。認可期間は2019年度から。

大深度地下とは、「地下40メートル以深」または「支持地盤上面から10メートル以深」のうち、いずれか深い方の地下を指す。これまで東京外かく環状道路事業などが認可を受けており、鉄道事業での認可は今回が初となる。

JR東海は認可を受け、「工事の安全、環境の保全、地域との連携を十分重視して、計画を着実に進めてまいります」としている。

あなたにおすすめ