女性が選んだ「美しすぎるママ」ランキング。3位は安室ちゃん、1位は…?

女子SPA!

2018/10/17 08:47



佐々木希(30)の第1子出産、前田敦子(27)の第1子妊娠、大沢あかね(33)の第3子妊娠など、おめでたニュースが続く芸能界。

一方、今年3月に第1子を出産した武井咲(24)は9月から放送中の「ハズキルーペ」CMで仕事復帰をはたし、早速女性ファッション誌『ar』で表紙を飾るなど活躍中。彼女のように、出産後も変わらない美しさで芸能活動を続ける「美しすぎる母親タレント」が沢山います。

そこで今回女子SPA!では、30~40代女性100名にアンケートを実施し、「子供がいる女優・タレントの中で、美しすぎると思うタレント」について聞いてみました。いったい誰がランクインするのでしょうか!?

◆8位 蛯原友里 15%

夫であるRIP SLYMEのILMARIとの間に、男の子を授かった蛯原友里(39)。10月に更新したInstagramでは、双子の妹である蛯原英里(39)との2ショットで39歳を迎えたことを報告しました。変わらぬ美しさにファンは「何歳になっても綺麗」「かわいすぎる」と大興奮。蛯原のInstagramには息子も度々登場し、親子三人で手をつなぐショットや息子と外出する様子が公開されています。いつまでも美しすぎるママと幸せな家族写真に、ため息がもれてしまいます。

◆7位 篠原涼子 18%

7位は主演するドラマが大ヒットを連発し、強くたくましい女性の役を好演する女優の篠原涼子(45)。2005年に市村正親(69)と結婚し、2012年には第2子を出産しました。45歳という年齢と、子供が2人いるという事実にも驚かされます。10月には夫婦ペアルックで、子供の運動会に参加する姿を目撃されるなど、プライベートでは子煩悩な母親の姿を見せてくれました。

◆6位 松島菜々子 19%

俳優の反町隆史(44)と結婚後、2児に恵まれた松嶋菜々子(45)が6位にランクインしました。産後も変わらず、ドラマやCMに出演するなど精力的に活動をしています。7日に放送されたドラマスペシャル『誘拐法廷~セブンデイズ~』(テレビ朝日系)では主演をつとめ、変わらぬ美しさと、母親になってさらにかっこよくなった姿が印象的です。

◆5位 森高千里 20%

1999年に江口洋介(50)と結婚し、2児の母親である森高千里(49)は5位に。育児のため仕事をセーブしていた森高ですが、歌手デビュー25周年の2012年に歌手活動を再開。昨年にはデビュー30周年を迎え、さらに勢いを増しています。

2017年に出演した『FNS歌謡祭』(フジテレビ系)では、ホットパンツ姿で美脚を披露。『私がオバさんになっても』が大ヒットした森高ですが、美しすぎる姿に「いつになったらオバさんになるの!?」と視聴者を騒然とさせました。

◆4位 井川遥 22%

4位にランクインしたのは、数々のドラマで存在感をあらわす井川遥(42)。連続テレビ小説『半分、青い。』(NHK)では、40代にして「ピンクハウス」の衣装を見事に着こなす姿が印象的でした。ファッション誌『VERY』(光文社)では2007年から2016年までカバーモデルをつとめ、大人の魅力あふれる女優として、また憧れのママとしての立ち位置を確立しました。今年の春には『ディアナチュラ』ソイプロテインの広告で、手入れの行き届いた美しい背中を披露しています。

◆3位 安室奈美恵 28%

9月に芸能界を引退した、国民的人気アーティストの安室奈美恵(41)。圧倒的なパフォーマンスや美しいビジュアルでファンを魅力し続け、引退時のラストライブは、もはや社会現象となるほど、国内のみならずアジア圏で話題を集めました。

いくつになっても衰えることのない美貌と少女のような可愛らしさ。ストイックすぎるほどに鍛え抜かれた肉体を見ていると、20歳の息子がいるとはとうてい思えません。

◆2位 吉瀬美智子 30%

女優の吉瀬美智子(43)が2位にランクイン。2010年に実業家男性と結婚をし、2人の子供を出産しています。色気のある大人の女性としてドラマ、CMで活躍。ドラマ『昼顔~平日午後3時の恋人たち~』(フジテレビ系)では不倫をする人妻を艶っぽく好演し、『ニベアボディ プレミアム』CMでも、白い肌と長い手足を見事に露出してくれています。2児の母とは思えない生活感のなさと色気に圧倒されます。

◆1位 佐々木希 33%

堂々の1位は佐々木希(30)。2017年にお笑いコンビ・アンジャッシュ渡部建(46)と結婚し、2018年9月に男児を出産しました。美しいタレント・有名人ランクングでも常に上位の佐々木希。今後、どんなママとして、美しくかわいらしい姿を見せてくれるか楽しみです。

いくつになっても、子供を産んでも綺麗な有名人。写真を見ているとため息がでますよね。いつまでも憧れの存在として私たちをワクワクさせてほしいものです。

※【調査概要】

調査方法:アイブリッジ(株)提供の「リサーチプラス」モニター(30代40代女性)に対してアンケートを行い、その結果を集計したものです。

調査期間:2018年月10日5日

有効回答者数:30才から49才 女性100名

<文/瀧戸詠未>

あなたにおすすめ