新田真剣佑だけじゃない! GACKT、片岡愛之助…“隠し子報道”が飛び交った芸能人4人!「日本から出ること条件に…」

TOCANA

2018/10/16 09:00


 甘いマスクと高い演技力で人気の俳優・新田真剣佑(21)。彼に“隠し子がいる”との報道が舞い込んだのは2016年7月のこと。このニュースを伝えた『フライデー』(講談社)によると、新田は11年頃にロサンゼルスで当時30代半ばの日本人女性と親密な関係に。そして女性と当時14歳だった新田との間に女児が誕生したという。さらに、真剣佑の父親である千葉真一が「息子はレイプされた」として相手女性を提訴したが、真剣佑が否定して棄却されたことや、真剣佑が空手道場に女児を連れて行き「俺の娘です」と話していたことなどが報じられた。

14歳で父親になったという新田に、ネット上からは「これはさすがに見る目変わっちゃうわ」「ピュアなイメージがあったのに、真っ黒じゃないですか」などの声が上がっていた。しかし所属事務所は、隠し子報道を「事実無根」と完全否定。そのあと事務所からコメントは発表されなかったが、7歳になった現在も新田の子どもはアメリカにいるとウワサされている。

今回は新田のように、隠し子がいるとウワサされている芸能人たちをご紹介していこう。

●GACKT

シンガーソングライターのGACKT(45)にも、12年に隠し子報道が飛び交っていた。GACKTに隠し子がいると伝えたのは『週刊文春』(文藝春秋)。同誌によると彼の子どもは05年生まれの女の子で、カナダに住んでいるとのこと。

隠し子の母親は元タレントの女性だとウワサされており、GACKTは「子どもを認知しないこと」と「母子が日本から出ていくこと」を条件に生活の面倒を見ることになったという。隠し子とともに脱税疑惑も浮上したGACKTは、当時のブログに「ま、正直、『なんだこれ??』と思うことが天こ盛りだ。笑えてしまうほど、悪意も感じる」「よっぽど嫌われてるんだな。あははははは。個人事務所って舐められるよなぁ」と綴っていた。

●片岡愛之助

歌舞伎俳優の片岡愛之助(46)は、『女性セブン』(小学館)の報道によって11年に隠し子が発覚。片岡は報道直後に会見を開き、「おおむね事実でございます」と隠し子の存在を認めていた。養育費などの援助はしているが認知はしておらず、認知するかどうかは「子どもが大きくなってから本人の意見を聞きたい」と発言している。

隠し子発覚から5年後の16年3月に、片岡は女優の藤原紀香(47)と結婚。しかし翌月に『週刊文春』が「片岡の隠し子を育てている一般女性が、片岡サイドから子どものDNA鑑定を要求されている」と報じた。この報道に片岡は、ブログで「今の時期に突然のことで、しかも事実とかけ離れた記事の内容が出ており、僕自身大変驚いております」とコメント。その後DNA鑑定についての続報は届いていない。

●宮根誠司

12年1月に『女性セブン』が、人気フリーアナウンサー・宮根誠司(55)に“再婚後生まれた隠し子がいる”と報道。宮根は同誌のインタビューに答え、報道が事実であることを認めている。また自身が司会を務める『情報ライブ ミヤネ屋』(日本テレビ系)では、「年明け早々、私どものことでお騒がせしてすみませんでした」と謝罪。宮根の隠し子騒動は、事実を認めて謝罪したため沈静化した。

しかし17年に『週刊文春』が“隠し子騒動の舞台裏”を報道。隠し子の母である女性・A子さんは同誌に、“宮根の妻がA子さんの父を詰問したこと”や“宮根のインタビューで愛人扱いされていたがダマされただけ”といったことを暴露している。この告発は大きく世間を賑わせたが、宮根は自身の番組で報道をスルー。この対応にネット上からは、「宮根は人様のことを偉そうに報じる資格ないよね」「スポンサーにクレーム入れればいいの? 本当こいつ見たくないんだけど」といったブーイングの声が上がっていた。

(文=ヤーコン大助)

※画像は、「新田真剣佑」公式Instagramより

当記事はTOCANAの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ