時代はグローバル!小学生からの留学ってどうなの?


人材のグローバル化が進み、国際的な視点や経験が重視されるようになる小中学生のうちから海外留学をする子供が増えています。

早くから海外へ出て多様な教育を受けることは子供に良い影響がありそうですが、小学生ともなるとなかなか不安もつきないものです。

今回は小学生が海外留学することのメリットや留学先での活動内容について紹介していきます。

小学生の海外留学、メリットとは?


小学生が海外留学することでどのようなメリットがあるのでしょうか。発達の視点からも、この時期に経験させることで得られるメリットを解説していきたいと思います。
メリット1:何事にも積極的に挑戦する
小学生は好奇心旺盛で、失敗を恐れないので積極的にいろんなことに挑戦することができます。そんな柔軟な子供のうちに海外留学を経験すれば、留学先でもさまざまなことに挑戦し、よりたくましく成長できるでしょう。
メリット2:自立した生活を送れるようになる
海外留学するということは親元を離れて生活するということです。最初は不安かもしれませんが、思い切って全寮制学校などに入れてみることで、帰国する頃には自立した生活を送れるようになります。
メリット3:友達と協力して、目標を達成する力が身に付く
小学生は、友達といっしょにいろいろなことを共有し合う経験が大切です。留学先では楽しいこともありますが、困難もあるもの。そこで友達と協力して目標を達成することで大きく成長できます。

留学先ではどんなことをするの?


では、実際に留学へ行ったら、どういった活動をするのか見ていきましょう。

小学生向けの留学では、遊びやフィールドワークなど子供が楽しんで外国語や外国の文化に触れられるようなプログラムが用意されています。
フィールドワーク
街に出て現地の人と関わったり、現地の小学校を訪問して現地の子供たちと交流したりするなど、英語の発音や文法などを学ぶ座学だけではなく、実際に英語を使ったフィールドワークを行って実践的に英語を使っていきます。
ショッピング・観光
休日にはショッピングや観光をして、オフの時間も実際に現地の人と英語を使ってコミュニケーションをとります。
異文化体験
日本ではなかなかしない遊びやスポーツ、自然の中で遊ぶといったアクティビティを通して、互いの国を知るための異文化体験ができます。

子供が留学した親の声は?


子供の留学仲介サイトなどで見られる、実際に小学生の子供が留学した保護者の体験談では、次のような声が多く見られます。
  • 親元を離れた寮生活で本人にとっても親にとっても自信がついた
  • いろいろな国の人と友達になり、人間的にも成長するきっかけになった
  • 子供の英語に対するモチベーションが上がった
  • 短期間でも英語が上達した
  • 勉強だけでなくアクティビティなど活動的に過ごせて良かった
  • 英語圏でも生活できる自信がついた

ほとんどの子供がほとんど英語力のないまま留学しているようですが、子供ならではの吸収力で、短期間でもうんと成長して帰国するようです。

親の方も送り出すときは心配ですが、基本的に一般的な小学生向けの留学プログラムでは出国から帰国までしっかりサポートが受けられるので、問題なく過ごせるとのこと。

小学生のうちに留学することで、驚くような成長を見せ、また中学、高校と進んでいくときの視野が広がるメリットもあるようです。

早いうちから海外に目を向けることで、この先の進路でも広い視野を持って勉強や遊び、仕事に取り組める人間に育ちます。海外留学は、小学生でも早すぎるということはありません。興味がある方は、ぜひ思い切って参加させてみてくださいね。

PHOTO//Shutterstock参照/海外留学のエディクム「留学体験談(保護者の声)」海外教育研究所「冬休み・春休みの留学」小学生のためのベネッセ短期留学「ベネッセ短期留学プログラムの魅力」小学生のためのベネッセ短期留学「プログラム紹介」

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ