マクドナルド、消火活動後の消防署員に無料で飲み物を提供することを拒否(英)

アウトレット店で発生した火災の消火活動に尽力した消防署員たち。ところが一息つこうと訪れた現場にほど近いマクドナルドで、飲み物を無料で提供することを拒否された。親切にもその場に居合わせた客が、16人分の紅茶とコーヒーの代金を支払ってくれたことから消防署員らは喉の渇きを癒すことができたが、このマクドナルドに対しては多くの非難の声が寄せられた。『BBC News』『Metro』『The Sun』などが伝えている。

10月13日の午後4時半頃、英ノース・ヨークシャー州ヨーク郊外にあるクリフトン・ムーアのディスカウント小売店「B&M」の商品保管場所から出火した炎は、風の勢いも相まって大きく広がった。

黒々とした煙が広範囲にわたったことから、地域住民らは外出を控え窓を閉めるように警告が出された。10台のポンプ車に加え、はしご車とタンク車がそれぞれ2台現場に駆けつけ、「North Yorkshire Fire and Rescue Service(ノース・ヨークシャー消防&救急サービス)」が消火活動にあたった。消防署員の夜通しの消火活動のおかげで火は落ち着いたが、翌朝になっても複数の消防署員らはまだ最後の鎮火活動にあたっていた。

やがて疲れと喉の渇きを感じた署員らは、一息つこうと現場から1.6kmほど離れたマクドナルドに向かったが、なにしろ急な緊急通報での呼び出しであったため、誰も現金を持ち合わせていなかった。そこでマクドナルドの店員に無料で飲み物を提供してもらえないか尋ねたところ、店員に断られてしまったのだ。

このやり取りを耳にした店内の客2人が代わりに16人分の紅茶とコーヒーを購入した。その後、Facebookにこの出来事が投稿され、スティーヴ・ブラウン消防署長や署員フィル・リーさんは「飲み物をご馳走してくれた女性と若い男性の親切には本当に感謝します」とお礼の言葉を綴った。しかしユーザーらからはマクドナルドに非難の声が相次いだ。これを受けてマクドナルド側は謝罪し、このように述べている。

「地域社会を守るために人生を捧げ、素晴らしい緊急サービスに尽力して下さる消防署員の方々には本当に感謝します。昨晩の火事に勇敢に取り組んだ署員の皆様には謝罪をさせて頂きたい。当社は当然のことながら、署員の皆様の代わりに支払いをした一般のお客様に返金し、地元の消防救助サービスにも直接連絡させて頂く所存です。」

幸いにもこの火事では誰一人として怪我人は出ておらず、出火元の「B&M」でも店員は全員無事だったということだ。消防署員らからすれば火事に巻き込まれた人がいなかったことが何より嬉しいことではあるが、長時間にわたる献身的な消火活動に理解の姿勢を見せてくれなかったマクドナルドに対しては残念な気持ちになったようで、Facebookのアカウントには「Shame!(残念!)」という言葉が綴られてあった。

このニュースを知った人からは、「マクドナルドって、どんな理由があっても絶対に無料で商品を手渡すなって店員は訓練されているんだろうね」「それにしても、夜通し頑張って仕事してくれた職員らに飲み物もオファーしないって、ケチくさいったらないんだけど」「でも消防署員は自分たちの仕事をしただけでしょ? なんでマクドナルドで無料の飲み物を期待するわけ?」「仕事を頑張った人なら誰でもファストフード店で『タダでサービスしろ』と言う権利があると思っているのか?」「いや、何も誰彼構わず店に入って無料で飲み物を要求することが正しいというのではなく、近くで大きな火事があったことはマクドナルドだって知っていたはず。せめて『お疲れ様』という親切さは持ち合わせるべきだとは思うけど」「でも店員が勝手に判断できないっていうところもあるだろうね。それでクビになったら困るわけだし」といった様々な声があがっている。

画像は『Metro 2018年10月14日付「McDonald’s refuses to give free hot drinks to firefighters tackling huge blaze」(Picture: PA)』のスクリーンショット

(TechinsightJapan編集部 エリス鈴子)

あなたにおすすめ