張本勲氏、まさかのダジャレ連発に視聴者困惑 バッサリ斬った真中満氏に称賛の声

しらべぇ


(©ニュースサイトしらべぇ)

14日放送の『サンデーモーニング』(TBS系)で、バーチャル出演した張本勲氏がダジャレを連発。それをバッサリと切り捨てた元東京ヤクルト監督・真中満氏に称賛が集まっている。

■監督交代の話題でまさかの…


番組ではプロ野球の監督交代を取り上げ。巨人は高橋由伸監督に代わり、原辰徳氏の再登板が濃厚となっていることを紹介する。

関口宏が「ハリさん、巨人は原さんで決まったんですか?」と聞くと、張本氏は「ほとんど決まりだね」と回答。そして、

「さすが巨人だと思いますよ。ほかの人がやると崩壊になりますけどね。良い人を選んだと思いますね」

と指摘。そのうえで、

「セ・リーグは3人代わりますから。巨人・阪神・中日と。巨人は原で優勝を狙うんだろうけどね、セ・リーグは来年は波乱を呼びますよ」

と一言。すると関口宏は「原で波乱を呼ぶ。はい、わかりました」と結ぶ。すると真中氏は笑いながら、

「ちょっとよくわからないですけどね」

と、バッサリ。この様子に、スタジオから笑いが漏れた。

■岩瀬仁紀投手の話題でも…


さらに話題は今年で引退する野球選手の話に。真中氏は、中日の岩瀬仁紀投手について、

「投手で(登板数が)1,000試合超えてるんです。1,001試合ですかね。この数字っていうのは張本さんの3,000本安打くらい、今後出てくるかっていう数字」

と称賛する。すると張本氏も「よくやりましたよね。日本で1人ですから」と絶賛。そのうえで、

「ただね中日はなかなか間が良いよね。1,000試合で終わるかと思ったらもう1つ投げさせたのよ。恩師の星野仙一の『仙一』考えて起用したから、なかなか粋なことやりますよね」

と笑いながらコメント。

関口宏が「語呂合わせ?」と不思議そうにしていると、こちらもポカーンと話を聞いていた真中氏が

「本当にそうなんですかね?」

と笑顔で発言。関口は「わかりません」と返答。張本氏は「フッフフフ」と笑い、またもギャグを飛ばしたような形となった。

■張本氏のギャグに驚きの声


張本氏のギャグとも思える発言にネット民からは驚きの声が。








■真中氏には称賛


またバッサリと切り捨てた真中氏には称賛の声が上がった。









なお岩瀬投手は13日の阪神戦に登板しており、最終登板数は1,002試合。「仙一」にかけたわけではない模様で、事実誤認をした張本氏に一部ネット民は批判の声も存在する。

■ダジャレを多く飛ばす世代は…


今回意図しない形とはギャグを飛ばした張本氏。一般社会でも、なにかとダジャレを飛ばす人は多く存在する。

しらべぇ編集部が、全国20~60代の男女1,328名に行った調査で「ダジャレをよく言う」人は張本氏と同じ60代以上の男性に多いことがわかっている。

(©ニュースサイトしらべぇ)

ダジャレは人々を楽しませようとする要素もある。張本氏なりに場を盛り上げようとしたのかもしれないが、事実誤認もあり、滑ってしまった様子。

それをバッサリと斬った真中氏の発言は、気配りのきく同氏の「雰囲気を変える思いやり」だったのかもしれない。

・合わせて読みたい→小宮山悟氏、張本氏の「メジャーは下手」説に反論し称賛 「能力はアメリカが上」

(文/しらべぇ編集部・佐藤 俊治

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo」
調査期間:2017年11月17日~2017年11月20日
対象:全国20代~60代の男女1,328名 (有効回答数)

当記事はしらべぇの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ