田中れいな主演「ふしぎ遊戯~蒼ノ章~」開幕!「人見知りで最初は心の距離があったけど」笑いの絶えぬ仲間と作り上げた完結編。歌唱、殺陣、コメディと演者、原作の魅力を凝縮!!

ザテレビジョン

2018/10/13 23:00

田中れいな主演ミュージカル「ふしぎ遊戯~蒼ノ章~」が10月13日から、東京・全労済ホール/スペース・ゼロで公演を開始。前日には本公演に先立って、ゲネプロ・囲み取材が行われた。

「ふしぎ遊戯」は渡瀬悠宇による人気少女漫画作品で、今回上演される「蒼ノ章」は、2016年に上演された「朱ノ章」から続く完結編。

「四神天地書」という不思議な本の中の異世界に吸い込まれてしまった夕城美朱と親友の本郷唯は、本の世界で「朱雀の巫女」「青龍の巫女」という対立する国同士の巫女になり、敵対してしまう。それぞれの神を召喚し、3つの願いを叶えるべく「七星士」を探す旅の中、美朱と唯は朱雀の七星士・鬼宿を巡り、戦い、亀裂を生んでしまうことになる。

田中は前回から引き続きヒロイン・夕城美朱を演じる。ダブル主演の鬼宿(たまほめ)役・平野良ほか、前回から顔馴染みのキャストもいるはずが、「2年空いたから心の距離が空いてて(笑)」と、最初は人見知りを発揮していたことを告白。

平野から「そんなこと言う?」とツッコミを受けながらも、「稽古をしていたら毎日があっという間ですごく楽しくて。今回もふざけたシーンは多いんですけど、それ以上に感情の上がり下がりが激しくて、難しいなと思うシーンが多かった。それでも早くたくさんの人に見てもらいたいと思う出来になっているので、感動を与えられるように頑張ります」と意気込みを語った。

「朱ノ章」以前より、シリーズ初演から参加している平野は、「今回は今回で新しい作品だと思ってるんですけど、やっぱり足かけ8年、これまで積み上げてきた思いがしっかり乗っている。見終わった時に『ものすごい作品を見たな』という感想を持っていただけると思っています」と自信を覗かせる。

さらに、昨日前作のDVDを見てきたという田中は、「自分の台詞の言い方とかに笑っちゃったんですけど、この2年、色々な作品に携わらせてもらい、たくさんの役者さんから勉強させてもらってからの今回だからと」と、自分の成長を確かめるように答える場面も。それに紐づくように、以前は「しゃっ! 歌来たぜ!」という気持ちがあったが、今回は歌唱だけでなく、「台詞の延長、メロディを付けながらの台詞も2年前よりしっかりできるようになっている」と、本公演に向けて気持ちを高ぶらせていた。

毎日どこで大爆笑が起こる、笑いの絶えない稽古場だったという今回。前記事・公演前インタビューで聞いたポイントと共に、ゲネプロ公演で感じた印象を少しだけ伝えていこう。

■ “田中れいな”らしさ全開の夕城美朱

この1つ前の舞台「信長の野望・大志」(本年5月)のお市で見せたように、2年の間で芝居の幅を広げている田中だが、今回の明るく元気で可愛い美朱は“らしさ”全開のキャラ。ツンツン(たまにデレ)していた「悪ノ娘」(2017年)のリリアンヌも彼女に適役だったが、笑顔の多い美朱はさらに素の魅力を見るようでもある。

もちろん、それも芝居の1つであるのだが、「彼女の笑顔が好き」というファンには楽しみどころの多い作品。泣いて、落ち込んでという感情の振りの大きいシーンにも注目で、そこは田中だけでなく、平野、本郷唯役・宮崎理奈ら役者全員同様のこと。

その迫真の演技を実際に見て、目の当たりにしてもらいたいところだ。役者の芝居を生で見られることこそ、映像にはない舞台ならではの魅力なのだから。

■ 歌とアクションとコメディと

歌は、観客に刺さる大きな武器。インタビューにて、今回は前作以上に歌の比重の大きい構成と教えてくれた通り、全編通して歌唱シーンは満載だ。しかし、「ミュージカルはちょっと苦手」という方のために加えておくと、ひたすら歌っているというわけではない。物語は芝居のパートでしっかり見せられ、芝居と芝居を繋ぐ形でロングなりショートなりの歌唱やダンスが入ってくる。

劇が歌に押されている印象は全くないが、それならどうして歌満載なのか? それは短いひと言の台詞も歌うからだ。会話の中、大切な言葉だけをメロディに出していく。歌として強調されることで、言葉により思いが乗って、美朱、鬼宿たちの心を伝えてくる。2人が中心の物語だが、フィーチャーされる演者それぞれに歌が付き、その心情を強調する。ミュージカル経験豊富な役者が揃い、男女の声の混ざり合う様は大きな聞きどころと言えるだろう。

そして、アクションとコメディ。「ふしぎ遊戯」はファンタジーラブロマンスだが、アクション劇でもあり、絶妙なコメディでもる。美朱を守る朱雀七星士と、唯を守る青龍七星士の戦いは常にアクションとなり、徒手空拳の鬼宿、剣士の星宿(ほとほり)と心宿(なかご)、ハリセン(本当は鉄扇)を武器にする翼宿(たすき)など、劇伴に乗る殺陣は歌唱と並ぶ注目シーン。星宿役の谷佳樹の剣捌きは流麗で、ファンを掴んでいるのも納得という様だ。

また、田中が「おふざけたくさん」とコメントした通り、コメディは随所に、特に朱雀側はアドリブなのかどうなのか?というシーンが満載だ。シリアスと立ち直りの境目、感情の上げ下げが難しいとも語っていたが、その境目にコメディが入ることで違和感を笑いに変え、長い原作の物語を2時間30分の劇で上手く演出しているという印象もあった。

ちなみに本公演は二幕構成だが、二幕開始直後に行われる井宿(ちちり・葉山昴)のショートコントは必見。観劇の際は、ちゃんと井宿のお願いに乗ってあげてほしい(もしかしたら毎公演違うのかも?)。

■ 妖しい悪の華・輝馬演じる心宿

最後に、田中が注目の共演者として挙げていた輝馬について。輝馬演じる心宿は唯を操っているいわば悪の元凶的な存在だが、ただの“悪いヤツ”ではなく、今の心の形成に至った哀しい過去を持っている。そして、非常にドキドキさせてくれる存在でもある。

寿里が演じた前回の心宿は力強さ前面という風だったが、輝馬の心宿は男の色気のある、どこか妖艶でもあるという様。今回、彼が見せるシーンでその妖しい色気が目を奪い、心宿の暗い心は、陽気に包まれる朱雀側とのギャップを映し出してくる。花奈澪演じる房宿(そい)が寄せる、届かぬ悲しい恋にも注目してほしい。

「ふしぎ遊戯」は10月21日(日)まで、東京・全労済ホール/スペース・ゼロにて公演。前作未見でも問題ないが、やはり続編に至るまでの流れを知っていると感情移入は深くなってくる。手元に前回DVDがある場合は、それで心を高めてから観劇に向かうと良いだろう。(ザテレビジョン・取材・文:鈴木康道)

https://news.walkerplus.com/article/165653/

あなたにおすすめ