黒木華、樹木希林さんに「初日迎えましたよ」 初共演映画『日日是好日』が公開に

テレビファン

2018/10/13 21:36


 映画『日日是好日』の初日舞台あいさつが13日、東京都内で行われ、出演者の黒木華、多部未華子、鶴田真由、原作者の森下典子氏、大森立嗣監督が出席した。

本作は、茶道教室に通う20年以上の日々をつづった森下氏の人気エッセーを映画化。「タダモノじゃない」とうわさの武田先生のもとで“お茶”を習うことになった真面目でおっちょこちょいの主人公・典子(黒木)と、いとこの美智子(多部)の日常を描く。

先月亡くなった武田先生役の樹木希林さんと、本作で初共演した黒木は「いつかご一緒したいと思っていた女優さんなので、今回ご一緒できて本当によかった。お茶室で2人でいるお芝居もあり、とてもありがたい時間でした」と振り返った。

樹木さんから学んだことについては「あんまり言葉にはできない」としつつ「人間性が格好いいなと思うところが多かった。映画もすごく見ていらして、知識も豊富な方。私も役者としてやらないといけないことはたくさんあるんだなと感じました」と語った。

「今、樹木さんに伝えたいこと」を問われると、「初日、迎えましたよ」と穏やかに呼び掛け「多分(今も)一緒にいると思います」と語り、ほほ笑んだ。

多部は「ご一緒する前はなんとなく恐れ多い、怖いイメージの方が強くて…。でも撮影中にお話をしたり、スタッフさんに掛ける言葉を聞いていると、そこには必ず愛があった」と回想。

続けて「作品やお芝居に対するいろんな姿勢をたくさん感じることができたのが、自分にとっての貴重な経験となりました」と感謝した。

鶴田は「樹木さんはご自分にうそをつかない人。筋が通っていて、そのたたずまいに教わることが多かったです」と振り返った。

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ