エレベーターを避けた車椅子の男性、エスカレーターから30メートル下に転落し死亡(米)

混雑した地下鉄駅内で、電動車椅子に乗った男性がエスカレーターを利用し転落死するという悲劇が米ワシントンD.C.で起こった。男性は急いでいたのか、待っていたエレベーターが故障していると思いエスカレーターを利用したようだ。『WJLA』『Metro』などが伝えている。

駅やデパートなど特定の施設において、健常者はエレベーターを使わなくともエスカレーターや階段などの選択肢が常にあるが、車椅子利用者はエレベーターを使わなければ移動が不可能な場合が多々ある。特に地下鉄駅構内となると、プラットホームや地上に行くためにはエレベーター利用が必至だ。しかしこのほど、ある男性(名は公表されず)がエレベーターを使わずにエスカレーターに乗りこんだことで悲劇を招いてしまった。

10月10日の午後1時30分頃、ワシントンD.C.の地下鉄コロンビア・ハイツ駅で、電動車椅子に乗った男性がエレベーターに乗ろうと待っている姿が駅内の監視カメラに映し出されていた。しかし、この男性はエレベーターが故障中と思ったのか、10~15秒ほど待った後に上りエスカレーターに乗ることに決めたようだ。

男性は手すりを握りながら車椅子で上りエスカレーターへ乗り込んだ。しかし、エスカレーターを降りる時になってバランスを崩し、車椅子と一緒に30メートル下の床に転落した。消防署員と救命救急隊員らが駆けつけるまでの間、通行人や駅管理者らが救助にあたったが、既に男性には意識はなく、搬送先の病院で死亡が確認された。ワシントン首都圏交通局(WMATA)によると、エレベーターは故障しておらず通常通り稼働していたという。

ソーシャルメディア上では、この事故を知った人々から「まったくもって悲劇」「エレベーターシステムが頻繁に故障していることもあるから、事故に遭った男性もそう思ったのでは」「車椅子利用者にとって、急いでいる時にずっとエレベーターが来るのを待っているのは辛いものだ」「車椅子でエスカレーターに乗るなんて、どうかしているよ」などといった声があがっている。

画像は『Metro 2018年10月11日付「Wheelchair user plunges 100ft to his death after taking escalator instead of elevator」(Photo: Fox 5 DC)』のスクリーンショット

(TechinsightJapan編集部 エリス鈴子)

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ