貯金ゼロも!? 独身男女のリアルな「貯金額」

TOKYO FM+

2018/10/13 20:00

オタク女性たちの浪費事情を赤裸々に綴ったコミックエッセイ「浪費図鑑 ―悪友たちのないしょ話―」(小学館)。その著者「劇団雌猫」が行った約2,000人アンケート調査によると、5人に1人が貯金ゼロという「若者の貯金離れ」が明らかに。それを裏付けるデータが、金融広報中央委員会の「家計の金融行動に関する世論調査(平成28年)」。同調査結果によると、金融資産を保有しない世帯は、単身世帯で48.1%もいるんだそうです……。大丈夫か、ニッポンの単身世帯よ! TOKYO FMの番組「高橋みなみの『これから、何する?』」では、パーソナリティをつとめる、たかみなが「独身男女の毎月の貯金額」エピソードについて答えてくれました。


※写真はイメージです

単身世帯といっても、20代と70代の単身世帯では全然話は違ってきます。というわけで、年代別に貯蓄額を聞いてみました!

「社会人1年目の平均貯蓄額は約43万円と聞いたので、ボーナスを考慮せずに、毎月3万5千円貯めることにしました。キツい月は2万ぐらいしか貯められず、ボーナスから補填しましたが、なんとか1年目に42万円のノルマを達成しました。今は3年目なので、126万円の貯金があります」(20代・男性)

「小学生の頃からのお年玉と、高校時代と大学時代のバイト代をずっと貯めていたので、貯金は300万円ぐらいあります。月にいくらかは覚えていないけど、夏のバイト時には、月に10万ぐらい貯めていた。今のところ使う予定はなしです」(20代・女性)

「大学の奨学金返済とローンも月2万円返しているので、貯金の余裕はありませんね。むしろ、クレジットで分割返済をして回している状況。ヤバいと思うんですが」(20代・男性)

「貯金はゼロ。銀行の口座にお金が入っているのは、給料日だけっていうぐらい。ずっとそうだから特に気にしていない。余裕があれば、500円玉を貯金箱に入れる」(20代・女性)

なかなか厳しい格差が見えてきました。では、社会人中堅に入った30代はどうでしょうか。

「親に勧められて郵便局の自動積み立てを月に3万円しています。余裕があれば増額します」(30代・男性)

「毎月5万を貯金に回して800万まで貯めたのですが、兄が病気で仕事をやめてから実家支援で一気に一桁落ちました。仕方ないですね」(30代・男性)

「年収の10~15%を貯蓄に回すのが良いと聞き、月6万円貯めてきました。今では大台に乗ってます。つまり1,000万円。頼れるものはお金ですからね。リスク分散で株も持っています」(30代・女性)

では、40代以上はどうでしょうか。

「30代から慌てて月10万の貯金を始めました。不安はありますね。ひとりですから」(40代・女性)

「恥ずかしながら、毎月の給料は全部使ってます。口座には8万円ぐらいありますが、これは月の生活費(苦笑)。貯金ではありません。転職に失敗して、気づけばこんな状態です」(40代・男性)

「体調を崩して仕事を辞めたので、貯金するどころか切り崩しています。それもあっという間になくなってしまいました。今の残高は、32万円ぐらい。また病気をしたら、これもなくなりますね」(40代・女性)

「いつも仕事先で缶コーヒーを買うのですが、毎月の最終出勤日だけはそれを我慢して、100円を貯金箱に入れます。なんだろうなあ。俺のささやかな保険です」(50代・男性)

「1999年7の月に人類が滅亡するというノストラダムスの大予言を信じていた世代なので、若い頃にパーッと使いすぎましたね。貯金額は生活費の3ヵ月分です……」(50代・女性)

この50代女性のエピソードに、たかみなは、「ノストラダムス、あったな~。懐かしいわ~。世界は終わってしまうんじゃないかって。終わると思ってた人は、けっこうパーッと使ってたのかもしれませんね」とコメント。

う~ん。ノストラダムスを含め、何かいろいろと身につまされる部分が多いです。自分も貯蓄が限りなくゼロに近いブルー(爆)。いやあ、フィナンシャルプランナーとかに相談したほうがいいのかな、ホント。みなさんは、毎月貯金できてますか?

文/ガンガーラ田津美

【番組概要】
番組名:高橋みなみの「これから、何する?」
放送日時:毎週月~木曜 13:00~14:55
パーソナリティ:高橋みなみ
番組ホームページ:http://www.tfm.co.jp/korenani
番組SNS:
LINE=@korenani
Twitter=@KoreNaniTFM
Instagram=korenanitfm

あなたにおすすめ