歯間ブラシで歯垢スッキリ美しい口元を!上手な使い方・保管方法

美beaute

2018/10/13 20:00


歯垢スッキリ美しい歯に!歯間ブラシの上手な使い方



歯間ブラシで美しい歯並びを維持しよう!上手な使い方・保管方法

歯間ブラシとは歯と歯の間にある歯垢を落とすためのデンタルケアアイテムです。使い方が適切でないと歯茎や歯を傷つける可能性がありますので、この機会にしっかりと身につけていきましょう。また、歯間ブラシを持つときは鉛筆を持つように持つと操作がしやすいです。

<歯間ブラシの上手な使い方>
◎前歯
上の歯は先端をやや下向きに、下の歯は先端をやや上向きにすると歯茎を傷つけずスムーズに挿入できます。また、プラスチックの部分が当たるまで入れるのではなく毛のある部分のみ挿入するよう意識して下さい。

◎奥歯編
挿入する時は口をあまり大きく開けず、やや閉じ気味にしましょう。ブラシの背中で頬を押し広げ、口の中にスペースを作って下さい。上の歯は先端をやや下向きに、下の歯は先端をやや上向きに挿入します。そして歯に沿わせてそれぞれ前後に2~3回動かし磨いていきましょう。内側からも同じ手順で磨くとより高い効果が期待できます。

<POINT>
前歯の場合I字型歯間ブラシで、奥歯はL字型歯間ブラシを使用すると痛みも少なく、綺麗にケアすることができます。

歯間ブラシのお手入れの仕方・保管方法



歯間ブラシで美しい歯並びを維持しよう!上手な使い方・保管方法

歯間ブラシを使用すると驚くほど汚れがこびりつくことから、それを見て不衛生に感じすぐに捨てていることはありませんか?しかし、しっかりとお手入れさえすれば一度限りではなく、普通の歯ブラシのように繰り返し使用することできるんです。

【歯間ブラシのお手入れの仕方・保管方法】
歯間ブラシを使用したらブラシ部分を流水で綺麗に洗い流し、風通しの良い場所でしっかりと乾燥させます。取り替え時期の目安は使用部位や頻度によって異なりますが、ブラシの毛先が短くなったり、ワイヤーに弾力性がなくなったら新しいものに取り替えるようにしましょう。

いかがでしたか?歯間ブラシをテーマにお届け致しました!歯と歯の間には歯ブラシだけでは落としきれない汚れが想像以上に溜まっているものです。虫歯のない美しい歯をキープするためにも歯間ブラシを有効活用してみてくださいね。

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ