『こうのとり』7号でフレッシュな野菜や果物が国際宇宙ステーションへ!

ViRATES

2018/10/13 19:00

国際宇宙ステーションでの食事などは缶詰や宇宙食などが主。これは一般のイメージとさほど相違ないだろう。

しかしこちらの動画では、国際宇宙ステーションから「生の野菜や果物を食べられた!」という嬉しいニュースが届いている。

 

 
画像出典:YouTube(JAXA | 宇宙航空研究開発機構)

 
画像出典:YouTube(JAXA | 宇宙航空研究開発機構)

 
画像出典:YouTube(JAXA | 宇宙航空研究開発機構)

 
画像出典:YouTube(JAXA | 宇宙航空研究開発機構)

こちらの動画に映っている野菜や果物たちは、9月に種子島宇宙センターから打ち上げられたロケットに乗せた『こうのとり』7号という無人輸送機に乗せて送られたもの。

届けられたのはもちろん日本の野菜。北海道・宮城県・愛媛県・岡山県・佐賀県から選りすぐられた新鮮な食材たちだ。

これらは洗浄・消毒などを経てから包装されて国際宇宙ステーションに届けられた。

宇宙飛行士たちにとっては貴重な生の食材たち。当然彼らは大喜び。『チーズバーガーナイトを開こう!』と興奮している様子だ。

その後の食事の様子を見ると、タコスの生地?のようなものが見えたりとやはり地球上とは勝手が違うようだが、彼らの任務の活力となるごちそうになったに違いない。

 
(※↓詳しくはコチラへ)
参照・画像出典:YouTube(JAXA | 宇宙航空研究開発機構)
(本記事は上記の報道や情報を参考に執筆しています)

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ