「就活メイク講座」はなぜ気持ち悪いのか? 日本の“就活マナー”が失ったもの


 「自由な髪型で内定式に出席したら、内定取り消しになりますか?」「ひっつめ髪をほどいた就職活動が、この国の当たり前になりますように」――9月下旬、P&Gのヘアケアブランド「パンテーン」が、日本の就職活動生に向けた広告を展開している。同社は、全国の就活経験者の男女1,000人に「就職活動に関する調査」を実施。就活生の81%が「企業にあわせて自分を偽ったことがある」と回答したことを受け、「現代の就活生が、ありのままの姿で、自分らしく就職活動ができること」を願い、この広告を展開したという。

確かに近年、就活生の服装やヘアメイクは画一化されていると言えるだろう。インターネットで「就活 服装」「就活 メイク」「就活 ヘアスタイル」などと検索すると、「好印象を与える就活の服装」「清潔感と信頼感が命の就活ナチュラルメイク」「就活生向けの前髪の作り方」などのハウツーがわんさかヒットする状況で、これらを参考にする就活生の見た目が、どこか似通るのは当然なのかもしれない。

しかし、こうした就活の一面に疑問を抱いていた人は少なくなかったようで、パンテーン広告には、「みんな同じリクスー、髪形、メイクっていう方が気持ち悪い」「日本の就活に一石を投じた」「就活スタイルがもっと自由になるといいな」といった好意的な意見が飛び交うことに。また、自身の就活時を振り返り、「リクルートスーツを嫌々着てた」「髪もメイクも変えなくちゃいけなくて面倒くさかった」「こういうルールは早くなくなってほしい」などと不満を吐露する者も多かったが、これは見方を変えると、問題意識を持っているにもかかわらず、内定を得るためには、就活ルールに則らざるを得ない現状が、今の就活生にはあるということなのではないか。

今回、日本の就活に嫌気が差し、大学卒業後にドイツへ移住したという、フリーライターで『日本人とドイツ人―比べてみたらどっちもどっち―』(新潮社)の著者・雨宮紫苑氏に取材を行い、日本の就活への違和感とともに、就活生の意識、そして企業側に期待することを語ってもらった。

雨宮氏は1991年生まれ、立教大学文学部卒。在学中にドイツに留学した経験から、同国への移住を決意したというが、その背景に日本の就活への違和感があったという。

「就活って、完全にノウハウ化されていているんです。面接のときのドアのノックの仕方、志望動機に説得力を持たせる方法、短所を言い換えるポイント……。全部『正解』を教え込まれる。就活ビジネスも盛んで、エントリーシート添削や模擬面接の有料講座もありました。『就活はお見合いだ』なんて言うけれど、これだけノウハウが横行している面接で、素を出す学生なんていませんよね。そもそも、大学卒業に合わせて就職しなきゃいけないわけではないじゃないですか。海外に行ってもいいし、ボランティア活動してもいいし、起業してもいい。でも大学も社会も、就職以外の選択肢は基本無視です。自分の将来を決める大切な時期なのに、自分で選んでいる感覚がない。そこに、すごく違和感がありました」

確かに、全国各地には就活塾が存在し、大学のキャリアセンターも就活セミナーを開催。そこでは、内定を得るための“ノウハウ”を学ぶことができるが、当然ながらそれらは全て「大学卒業後、すぐに就職する」のが大前提となっている。雨宮氏は「その時点でもううんざりしていた」とのこと。さらに追い討ちをかけたのが、合同説明会で見た光景だったという。

「いざ合同説明会の会場に行ってみて驚きました。女子がみんな、同じ見た目をしているんです。前髪は8対2くらいに分けて、後ろにひとつ結び。もちろん黒髪。リクルートスーツを着て、パンプスを履く。私の足は靴擦れで絆創膏だらけになったけど、それでも『みんなと同じようにパンプスを履かないと!』って思って……」

女子就活生にとって、パンプスは定番アイテムであり、「就活パンプス」「リクルートパンプス」という名称で、靴擦れしにくい履き心地のいいパンプスを紹介しているメーカーは多い。「ヒール高は3~5cmくらいが理想」といわれ、これまた、いつの間にかルール化されている就活ルールの1つと言えるだろう。

「『こんな就活やってられない!』と思った決定打は、メイク講座です。チークの入れ方ひとつで結果が変わるなんて、なんの冗談かと思いました。女子はパンツスーツもOKではありますが、『迷ったらスカートが無難』『パンツスーツは気が強く見られることも』なんて情報を目にしました。見た目すら自分で決められないんだって思うと、気が滅入りましたね」

雨宮氏が抱いた、数々の就活ルールに対する違和感――それを紐解いていくと、就活のオモテとウラに気づかされたそうだ。

「就活に関する本にはたいてい、『ほかの学生に比べて秀でているところをアピール』『自分を雇うメリットを伝えよう』というように、周りと差別化することが大切だと書かれています。でも実際は、同じような見た目、優等生的な受け答えがパターン化している。なんだかよくわからないですよね。『結局どうしてほしいの?』っていう……。個性を求めるのにみんな同じ見た目を前提とすることに違和感があったし、『こんな無個性な見た目にさせられて、どう個性をアピールすればいいんだ!』と腹が立ってきました」

個性と無個性という、相反する2つを求められる日本の就活に、雨宮氏は“その会社に入るためのテスト”だけではない側面を感じているようだ。

「日本の就活は、日本の働き方に適正があるのかチェックする通過儀礼なのかもしれませんね。個性より画一、主張より調和、というような。私はそれにパスできなかったし、したいと思えなかった。だから、就活をやめました」

一方で雨宮氏は、「リクルートスーツ&ひっつめ髪というスタイルを、『マナーを守れるかどうかの踏み絵になる』と肯定的に思っている人もいるかもしれません」と言及。事実、就活スタイルの解説には「それがマナーである」と明記されることがほとんどだが、この“マナー”というものの捉え方に、雨宮氏は疑問を投げかける。

「でも、マナーを守ることとみんな同じ見た目にするのって、全然違いますよね。例えば私が大学卒業後に移住したドイツには、いろんな見た目の人がいます。似合う服や髪形、化粧の仕方だってみんな違う。違うけど、ちゃんとビジネスマナーはあります。結婚式のゲストは好きなヘアスタイルをして好きなドレスを着るけど、『白いドレスやスニーカーはNG』というマナーを守りますよね。それと同じです。マナーを守ることとみんな同じ見た目であることは、違うんです」

雨宮氏の話を聞くと、日本の就活には“本質を失ったマナー”が横行しているように感じられるが、では、果たしてそのマナーを強化しているのは、一体誰なのだろうか。

「パンテーンの調査によると、半数近くの企業が『面接時の学生の服装や髪型は評価に影響しない』と答えていて、服装や髪形で個性を出して面接を受けることに7割の企業が賛成しているそうです。それでも多くの学生は、『見た目の個性はなくさなきゃいけない』と思い込んでいます」という雨宮氏の指摘からは、就活での失敗を過剰に恐れ、“間違いのないスタイル”を追い求める学生の姿も浮かび上がってくる。

「『自分の見た目は自分で決めていい』と伝えるパンテーンの広告が、不要に浸透した『こうあるべき就活生の外見』という思い込みを壊し、見た目の多様性を認めるきっかけになるといいですね。『みんな同じ見た目が当然』というのは、裏を返せば『見た目が違う人は差別していい』という思考につながる可能性がありますから……。『当社の面接へはビジネスマナーを踏まえて自由な服装でお越しください』と書いているかどうかで、学生が応募するかどうかを決める時代が来るのかもしれません。というか、そうなってほしいです」

「現代の就活生が、ありのままの姿で、自分らしく就職活動ができること」と謳ったパンテーン広告だが、“ありのまま”“自分らしく”というのは、近年盛んに使われすぎている言葉だけに、その意味するところが漠然としつつある。雨宮氏は「自分の見た目は自分で決めていい」と表現したが、それは同時に、就活生の“企業に選んでいただく”という意識からの脱却をも示唆しているのではないだろうか。自分で選ぶことの自由さ、それに伴う責任を、就活生は求められる時代になるのかもしれない。

あなたにおすすめ