臨月のピッパ・ミドルトンさん、ユージェニー王女の挙式に10cmヒールで登場

現地時間12日に行われた英王室ユージェニー・オブ・ヨーク王女と実業家のジャック・ブルックスバンク氏の結婚式に、キャサリン妃の妹ピッパ・ミドルトンさんが出席した。秋らしいダークグリーンのドレスからは臨月の大きなお腹がのぞいていたが、夫ジェームズ・マシューズ氏、弟のジェームズ・ミドルトン氏と連れ立ってウィンザー城を歩くその颯爽とした姿が注目を集めた。

2011年の姉キャサリン妃とウィリアム王子のウェディングにて、妃のドレスの裾を支える美しい姿で一躍時の人となったピッパ・ミドルトンさん。昨年、大富豪のジェームズ・マシューズ氏と結婚したピッパさんは現在第1子を妊娠中だ。いつ産まれてもおかしくないというタイミングのピッパさんだが、この日は夫ジェームズ・マシューズ氏や弟のジェームズ・ミドルトン氏と連れ立って挙式に出席し周囲を驚かせた。

ピッパさんが選んだのはダークグリーンの「Emilia Wickstead(エミリア・ウィックステッド)」のドレス。先日、キャサリン妃が1年前のドレスを“再利用”して公務に出席したことで話題を集めたあのブランドである。強風で飛ばされそうになるグリーンのファシネーターを右手で押さえ、左手には小ぶりのクラッチバッグを抱えながら、10cmヒールのパンプスでウィンザー城を颯爽と歩く姿には「妊娠しているのにあの余裕はすごい!」「エレガントな身のこなしが素晴らしい」と大きな注目を集めた。

6月に英誌『Waitrose Weekend magazine』に寄稿したコラムの中で、「ラッキーなことに、つわりの症状をまったく感じることなく最初の12週間を過ごせました」と、姉キャサリン妃とは対照的に順調な妊娠生活を送っていたことを明かしていたピッパさん。もともとアクティブな彼女は、その後も体調と相談しながら週3~4日、1回45分程度の軽めのエクササイズを行っていたというが、最近のコラムでは「お腹が大きくなるにつれて、体の動きがぎこちなくなってきています。下半身が締め付けられ、背中や仙骨に痛みを感じることも」と綴っていた。

ユージェニー王女の結婚式ではそんな様子を微塵も見せず、軽快な足取りでウィンザー城を歩いていたピッパさん。生まれてくる赤ちゃんの性別はサプライズということだが、キャサリン妃の第3子ルイ王子とはおよそ6か月違いとなることから、“仲良しいとこ”として今後ともに成長していくことが予想される。

(TechinsightJapan編集部 c.emma)

あなたにおすすめ