堀ちえみがCAからもらった手紙に感動 「35年も昔のことなのに…」

grape

2018/10/13 16:32


hori-day Chiemi Hori Official Blog
タレントの堀ちえみさんが、2018年10月12日にブログを更新。

JAL便の飛行機に乗った際に、キャビンアテンダント(以下、CA)から手紙をもらったエピソードを明かしました。

堀ちえみ「35年以上も経つのに」

堀さんといえば、1983年に放送していたドラマ『スチュワーデス物語』(TBS系)で、スチュワーデス訓練生の松本千秋を演じていたことで有名です。

劇中でのセリフは流行語にもなりました。

ある日、堀さんがJAL便に乗ると、CAからこのような手紙をもらったといいます。

出典:hori-day Chiemi Hori Official Blog

本日も日本航空をご利用いただきまして、誠にありがとうございます。

堀ちえみさん演じる松本千秋さんに憧れ、日本航空に入社いたしました。

これからもずっと応援しております。

お体にお気を付けてご活躍ください。

なんと堀さんがドラマで演じた松本千秋に憧れて、本当にCAになったというのです。

CAから手紙を受け取った堀さんは、「励みになります」と気持ちをブログにつづりました。

スチュワーデス物語が、
初めて放送されてから、
もう35年以上も経つというのに、
今でも沢山のCAさんから、
手紙を頂いたり、
言葉を掛けて頂きます。

有難い事です。

私の励みになります。
hori-day Chiemi Hori Official Blog ーより引用堀さんのブログには、手紙の内容に共感する声が寄せられていました。

・同じく、ちえみさんを見てCAに憧れました!

・『スチュワーデス物語』懐かしいです。当時、CAになりたいと思った人は多いと思いますよ。

・こういうメッセージは感動しますね。涙が出ました。

・読んでいて目頭が熱くなりました。ドラマの影響力ってすごい!

ドラマの放送から35年と長い年月が経っていますが、名作の感動はいまも色あせていないようです。

ほかにもたくさんの人が堀さんに憧れて、CAになっているかもしれませんね。


[文・構成/grape編集部]

あなたにおすすめ