マニアが語る「チャーハンの見た目を女性の胸に例える方法」がわかりやすすぎる

しらべぇ

2018/10/13 17:30


(©ニュースサイトしらべぇ)

中華料理店ではラーメンと並ぶ、人気料理といえばやはりチャーハンだ。パラパラ系やしっとり系、チャーシューチャーハンに海鮮チャーハンなどさまざまなジャンルがある。

■マニアに聞いたチャーハンビジュアルの伝え方


美味しい店を発見したら人に伝えたくなるものだが、聞かれていざチャーハンのビジュアルをこたえようとしても、なかなか伝えづらい。

そんな悩みをチャーハンマニア歴30年の男性に聞いたところ、あまりにも独特すぎる「チャーハンビジュアルの伝え方」を教えてくれた。

それは「チャーハンの見た目を女性の胸の形やカップ数に例えて話すとわかりやすい」ということ。いったいどのように伝えるのか、というと…。

■量はカップ数


・Aカップ:一般的な中華料理店の半チャーハン

・Bカップ:半チャーハンだが気持ち量が多めのチャーハン

・Cカップ:一般的な中華料理店のチャーハン

・Dカップ:一般的な中華料理店のチャーハン大盛り

・Eカップ:一般的な中華料理店のチャーハン特盛り

・Fカップ:デカ盛り自慢の中華料理店のチャーハン

・Gカップ:フードファイターでも大満足のチャーハン

・Hカップ以上:食べる人を選ぶほどの超絶デカ盛りチャーハン(例:光栄軒の5合チャーハン)

■形も胸で表現


・お椀型:街の中華食堂で多く見かける、こんもり丸く盛られたチャーハン

・流線型:中国人が経営している店でよく見かける、平らに盛られたチャーハン

・山型:高級中華料理店でよく見かける、具材をふんだんに上に盛った豪勢なチャーハン

・ヌー●ラ:あんかけチャーハン

■わかりやすさは間違いないが…


以上の言葉を組み合わせることで、素人でも容易にチャーハンのビジュアルを想像することができるそうだ。たとえばCカップのお椀型なら、一般的な町中華のチャーハンがすぐに思いつくらしい。確かに言われてみればそんな気がしてきた。

女性軽視もはなはだしいと考える人もいるかもしれないが、わかりやすいことは間違いなさそうだ。

・合わせて読みたい→中華料理屋で「シェフの年齢を教えてくれ!」と言うとチャーハンの味が分かる

(文/しらべぇ編集部・雨間 ゆうすけ

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ